FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
遠征1日目 百名山・雌阿寒岳


今日から8連休。

まずは百名山の雌阿寒岳へ。
温泉地で有名な阿寒湖の近くの活火山。

いつ噴火してもおかしくないとの事。

20190928_114314.jpg

20190928_073935.jpg

登山口は温泉口から。
イージーな山登りで往復3時間で完了。

20190928_081756.jpg

途中、ロードバイクを背負ったハテナマンが・・・。
これも時代という事か。

頂上付近は噴火の蒸気がこっちまで来て息苦しい。

20190928_090734.jpg

御岳で爆発があったのは丁度この季節。
いつどこでああいう悲劇が起こるのか分からない。
今、ここで噴火してもそういう運命だったと思うしかない。

20190928_090457.jpg

20190928_073935.jpg

20190928_090739.jpg

20190928_090842.jpg

頂上からは阿寒湖、雄阿寒岳。
お、向こうに見えるのは斜里岳と羅臼岳だ。

下山後は登山口にあった野中温泉へ。

20190928_104531.jpg

20190928_111405.jpg

白濁の硫黄泉がたまらない。
疲れをばっちり癒した後は阿寒湖の観光。

阿寒湖は温泉地としても有名だが、アイヌの集落がある事でも有名。
巨大なホテルが立ち並んでいるメインストリートに所狭しとアイヌのお土産屋が。

20190928_122239.jpg

20190928_123911.jpg

20190928_125505.jpg

ちょっと離れた所にアイヌコタンというストリートがある。
奥にはシアター劇場があって、アイヌの踊りを見れるらしい。

一通り回る。

おお、この木彫り、いいね。

20190928_122717.jpg

とにかく色々置いてある。
毎度思うのだが、独りで見てもこういうのはつまらないものだ・・・(笑)。

阿寒湖を後にして、次の目的地はニペソツ山の登山口の幌加温泉手前の駐車場で車中泊。
関連記事
スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.