FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
初日

一週間遅れたが、かぐらも無事オープン。
久々の雪上で超緊張する。
イメトレ通り動くのか、膝は問題ないのか。

昨夜から相当降雪があったようで、かぐらのメインバーンは全面オープン。

20191129_174958.jpg


知床でのトレーニングと毎日のイメトレ。
今年イメージしているのはポジション。
何のためのポジションなのかというと、たわんで圧とのやり取りをする為。
慣性落下するスキーを意識して先々の未来を予測して動いていく。

こんなイメージで構築してきた。

足慣らしからの数本のトライ。

全く違う。
俺じゃない。

抜けてきたと確信。

フルカービングでの深回り。
大回りも小回りもそれでクリアする。

自分でも言うのも可笑しいが、いやいつも言っている気がするが、間違いなく進化した。

そしてもう一つの問題の膝だが、またぶり返している感じ。
アルペンやっている分にはまだ大丈夫だが、テレマークは厳しそう。

20191130_090944.jpg

20191130_140236.jpg


今日は嬉しさ半分、落ち込み半分の複雑な心境。

ちなみに今日のレッスン担当のスキー初めての小学2年の男の子を3時間でパラレルまで導く。

今年は自分の滑りだけじゃなくて、レッスンもいい仕事ができそう。
スポンサーサイト



レグザムニューブーツ完成
スキー場は雪待ち。

暖冬とインフレは徐々にやって来ている感じ。
これだけは時代の進行ってやつか。
100円だった缶ジュースが130円。
貯金していてもお金の価値が薄まっていく。

偏西風が蛇行して北寄りになっているせいで寒気の南下を防いでいるとか。
ドカ雪が時々あるだろうが、基本的には小雪。
4月頃からまた厳しくなっていくに違いない。
こればっかりはしょうがない。
屋内スキー場か高緯度地方での人工スキー場の時代なのかも。
俺が生きている間は大丈夫だろうが・・・(笑)。

今日はオオイワスポーツでレグザムニューブーツのフォーミング。
130S。

20191126_140855.jpg

20191126_183947.jpg


足首、かかとのホールドが完璧。
マテリアルのブーツは揃った。

20191126_184040.jpg


テレマークもアルペンも。

板は物色中。

去年使ってた奴で当分行くけど。
神田神保町のスキーショップを徘徊していてサロモンのRUSHのP80のプレートがそのままテレマークに流用できそう。
最大の発見。

今週末にはオープンしそうとの情報。

インドネパールでスキースイッチがなかなか点灯しないが、徐々に暖まっている感じ。


かぐらオープン延期
北海道辺りはスキー場オープンしているが、かぐらのオープンが延期になって、かぐら入りもちょっと遅れている。

こっちに居る間に細々した事をやっておかないと・・・。


インド、ネパール、タイ編のブログの写真や文章を校正しました。

テレマークニューブーツ
9月に買ってあったスカルパのTX-compのフィッティング。
インナーの熱形成と前傾角度の調節。
この前傾はポイントになる。
深く、早く、強く踏めるかが焦点。
前のTX-compはこの調節が出来なかった。

道具は揃った。

後は俺がやるだけ。

まずは12月前半のアサマ2000合宿で吐き出す。

これからインドネパール旅行記のブログ整理。
写真と追加の日記更新。

かぐらのオープンは微妙らしい。

20191120174725f83.jpg


タイ観光 アユタヤ・バンコク・ナイトツアー
朝イチでタイのドンムアン空港に到着。
日本便は深夜。
つまり今日一日フリー。

大きなザックは空港に預けておく。
空港の隣にある国鉄でアユタヤへ向かう。

20191118_141542.jpg

20191118_141505.jpg

20191118_121016.jpg

車窓からは緑が豊かな田園風景が広がる。
自然と生活が調和されている。
インド、ネパールの町並みが汚かったので殊更奇麗に感じる。
ゴミが落ちてない。
車内の人々もどこか気品がある。

インド・ネパールがひどすぎた。

20191118_091957.jpg

アユタヤ到着。

3輪の自動車で各遺跡を回る。

20191118_115849.jpg

20191118_120422(0).jpg

タイと言えば入れ替わりが激しい南アジアの中で独立を守り、長く単一王朝が続く地域。
その理由が何となく分かるような気がする。
当時のアユタヤ王朝の時は敬虔な僧や民が街を行き来して、その上に王が居る。
すごく平和的な国家だったろうと思う。

不思議な地域。

行きかう車はほぼ日本車。

20191118_092715.jpg

親日なのかな。

アユタヤの色々な場所を回る。
ガイドが必要だった・・・。

20191118_112428.jpg

20191118_110410.jpg

20191118_112057.jpg

20191118_105111.jpg

20191118_103344.jpg

20191118_101211.jpg

20191118_094859.jpg

20191118_093348.jpg

アユタヤを後にして、バンコク。

すさまじいスコールに遭うがすぐに止んでくれた。
これも熱帯地方ならでは。
それにしても暑い!
11月でこれだと夏はすげーだろう。

バンコクでは3大寺院、ワットプラケオ、ワットポー、ワットアルンを回る。
チャオプラヤ川の水上ボートに乗り込む。

20191118_152515.jpg

20191118_153139.jpg

20191118_154844.jpg

屋台などを食べ歩いたり、お土産物を物色したり。
バンコクは楽しい。

タイの近代化はある意味、日本より上を行っている。
地下鉄のシステムには驚いた。


さていよいよお待ちかねのナイトツアー(笑)。

詳しくは現地に行くことをお勧めします。
後は直接俺に聞いてください・・・(笑)。

とりあえず、ナナプラザという場所の写真だけ載せておきます。

20191118_211115.jpg

20191118_211502.jpg

20191118_212018.jpg

色々と情報武装してきたが、想像以上にクレージーでした。
今までの世界遺産巡りは吹っ飛んでいく。

深夜の日本便に乗り、成田到着。

ノックスクートを利用したが、この格安飛行機はおススメしない。
機内食は有料だし、ドリンクもダメ。
シートは座布団みたいで硬く、ディスプレイも充電もなし。

20191119_110340.jpg

あとかぐら入りまで数日。
やることもたくさんある。

とりあえず撮りだめたVR動画の整理・・・(笑)。

あと数日こなして、かぐらに入る。



さらばカトマンズ
昨日カトマンズを出発。
カトマンズ飽きる。

ここに到着してトレッキングのガイドやらルクラのフライトを手配してもらった旅行代理店のボスが無料で空港まで送ってくれた。
初めは7日じゃ絶対にゴーキョ往復は無理って言ってた彼らは俺が5日で戻るとかなりフレンドリーに接してくれた。
どうやら俺をエキスパートと思ったらしく多くの日本人のお客さんを連れてくるだろうと期待しているっぽい。

20191117_141317.jpg

これからデリー経由でバンコク。
何でデリーに戻らないといけない航路を組んでしまったのだろうと嫌になる。
カトマンズからバンコクに行く飛行機に多くの日本人が乗り込んで行く。
普通はそうする。
俺ももっと旅慣れしないと。

案の定、デリーの入出国は煩雑、混雑、混乱。
無駄の10乗。

周りのインド人の図々しさにもうんざり。

もう二度と来ることは無いだろう。
タージマハルだけは別格だが絶対にインドはお勧め出来ない。
正直ネパールもヒマラヤを除けば後は無用。
気持ち良い場所では無い。

タイでの1日が楽しみ。
ネパール観光3日目 パタン
昨日は宿で1日中停滞。
風邪を引いたのが一つとカトマンズに飽きてきたのが一つ。
人と車のけたたましさ。
古い車が多く、排気ガスが充満。
道は汚いし、観光してても狭い道をバイクやらリキシャー、車がクラクション鳴らしてくる。

買うものも買ったし、もうゆっくりしたい。
体調悪し。
熱がある。

今日は重い腰をあげてパタンへ。
パタンは昔の王国があった場所でヒンドゥー教と仏教の寺院が一杯ある。
まぁ、もう寺院巡りしても感動しないんだが…(笑)。

宿を出て、話しかけてきたタクシー運転手と値段交渉。
ふっかけてきたので3分の1に値切ったらブチキレて帰ってしまう。
それを見ていたオッチャンがバイクで200ならいいよと言うので即決でゴー!
こういう場合頼んでないのに勝手にガイドやってガイド料とチップを要求するパターン。

疑心暗鬼ながらもオッチャンに付いてく。
カトマンズから20分位。

まずはパタンのゴールデンテンプル。

20191116_091819.jpg

20191116_092922.jpg

敬虔な信者が多い。

オッチャンの知り合いという彫刻店に顔をだすも買う気はゼロ…(笑)
スマン。

次にダルバール広場。

20191116_095144.jpg

20191116_093308.jpg

20191116_095237.jpg

20191116_095529.jpg

20191116_103011.jpg

外人は1000ルピー払うのだがオッチャンが裏口から入れてくれた。
面倒なので後は自分で回るよというと案の定チップの要求。
それでも今までの胡散臭い連中の中ではかなり良心的な人ではあった。

寺院見ても、もう何も思わないので近くの動物園へ。
何でか外国人だけ入場料が高いんだろう?
3倍以上払う。

池とボートを見ながらボーとしてると次の観光地のバクタプルに行くのが面倒になってきた。

動物園に来る家族連れの光景が微笑ましい。

近くにチベット難民キャンプがあったので寄ってみたが施錠されてて近づけず。

習近平がネパールに来た時はチベット人のデモを抑えるのに警察や軍が大変だったとさっきのオッチャンが言ってたな。
自分が中華皇帝と勘違いしているあの豚を始末するには対抗勢力との対立を煽り、明智光秀のような勢力が出てくるのを期待するしかない。

帰りのカトマンズ行きもマイクロバス捕まえて行き先聞いて乗り込む。
タクシーの50分の1の値段だが勇気が必要…(笑)。

カトマンズに戻り、気になっていた登山用品を値段交渉するも決裂。
インド、ネパールと来て口にしていたのは現地食。
チャーハンみたいなフライドライスか焼きそばみたいなチョーメン以外は全部口に合わず…。
味付けが濃くてスパイシー。
水が合わないのか腹も下す。
それもカトマンズに飽きてきた理由。

そんなんで今日は日本食レストラン、「おふくろの味」(笑)。
カツ丼が死ぬ程美味い。

20191116_150633.jpg

20191116_142629.jpg

こんな美味いもん生み出した日本人は天才。

明日でカトマンズ出発。
デリー経由でバンコクへ。
バンコクから日本。

デリー行きたくねぇ…(笑)。

バンコクで1日空きがあるので観光とショッピングとナイトゲームを楽しんできたい。
Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.