FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
遠征3日目 百名山幌尻岳
20190930_160144.jpg

チロロの巨石

20190930_164639.jpg

チロロ林道の終点のゲートまで入る。
舗装されてないガタガタの道。

幌尻岳の山深さを感じるには十分。

今日は長い。
行動食と飲料は多めに持っていく。
ウェストポーチはパンパン。
ザックはなるべく持たないようにしている。
ライト&ファーストが出来なくなるからだ。

4時半出発。
ゲートを越えて、林道を歩く。
北海道電力の取水口から登山開始。

20190930_151622.jpg


昨日の筋肉痛が残っている。
しんどい闘いになりそう。

20190930_141544.jpg

沢沿いの道が続く。

徒渉10回くらいある。
その内の一回、大丈夫と思い丸太に足を置いたら見事にスリップ。
沢に叩きこまれてずぶ濡れに。
敗退も考えたが、続行する事に。

沢沿いから離れて、樹林帯の急登。
北海道の登山道は本州のそれと比べてあまり整備されていない。
それが良いのか悪いのか分からないが、自然のままの登山道が続く。

稜線に出る。

樹林帯を抜けてすぐのヌカビラ岳だと思っていたピークが北鳶田別岳だった。

嬉しい誤算。
ここに7時半到着。

20190930_073813.jpg

看板後ろが鳶田別岳、奥が幌尻岳。

幌尻ははるか彼方。
しかもアップダウンが半端ない。

鳶田別岳到着。

20190930_082952.jpg

奥が幌尻岳。

往路も復路もこの2つのピークをアップダウンしなければ・・・。

20190930_081218.jpg

奥が幌尻岳・・・(笑)。

20190930_090744_20191001153638c3e.jpg

ここらへんの登山道はハイマツの海。

こういう登山道整備は町や役所がやっていくべきだろう。

20190930_102406.jpg

遂に幌尻岳山頂
2053m。
10時到着。

日高山脈の主峰に相応しい山容。

他にも色々な山がある。
山座を同定するだけで楽しい。

20190930_105433.jpg

復路を目で追う。
さて、後は来た道を戻るだけ。

20190930_105344.jpg

ハイマツと格闘しながらひたすら下る。
往路は順目だったハイマツが復路は逆目。
つまりこっち側にハイマツの根が突き刺さってくる。
左右に押しのけて通るしかない。
ハイマツの根は硬い。
疲労が重なる。

20190930_160144.jpg

駐車場まで戻ってきた。
16時到着。
今日の行動時間11時間半。
距離は30キロ位だろうか。

20190930_213127.jpg

旭川まで行ってきてラーメンを注文。


明日は礼文島に渡る。

明後日が利尻岳。

台風が気になる。


スポンサーサイト



遠征2日目 幻の百名山・ニペソツ山

ニペソツとはアイヌ語で切り立った場所とかいう意味らしい。
深田久弥が百名山選定をした時はこの山を知らなかったらしく、後日この山を入れるべきだったと言わしめた名山。

標高2013m。

登山口は二つあるが、何も知らない俺は幌加温泉登山口を選択。
どう考えてももう一つの方が時間も距離も短かった。

20190929_132751.jpg

ここからは頂上往復25km。
標準タイムは11時間くらい。

結構しんどい。

幌加温泉に行く道を右折して登山口のゲートまで行く。
実はこのゲートからもっと車で進入できたそうなのだが、これも後の祭り。
2キロの林道歩きを往復する羽目に。

5時半出発。
もう外は明るい。

ひたすら登る。
登り続ける。

やっと展望が開けた場所に来た。
20190929_074431.jpg

三つの山をアップダウンした先に見事な三角錐の山がある。

20190929_085319.jpg

「遠すぎるぞ・・・」

稜線上にテン場がある。
普通は一泊二日かかる。

20190929_083123.jpg

雪だ・・・。

20190929_092630.jpg

ズルズルの急斜面をロープを使って這い上り、アップダウンを繰り返した後、やっと頂上へ。

9時半。

4時間で来た。
多分コースタイムは7時間以上。

20190929_093517.jpg

20190929_094437.jpg

向こうには百名山の大雪山、トムラウシ、十勝岳。
この前降った雪がまだ残ってる。
これらの山は既に登っているので今回の遠征には含まない。

手前に石狩岳。
逆側にはウペペサンケ山。
変な名前だが両方とも2百名山。

登ってきた時は先行者の全てを抜いてきたので往路は彼らとまた相対する。

「速いですね」

そう、今の俺は速い。

2014年に槍ヶ岳から笠ヶ岳を往復した時みたいな感じがある。

昨日の雌阿寒岳はウェストポーチのみの軽装。
持ち物は数本の魚肉ソーセージとヘッドランプとスマホと地図のみ。
飲料水さえ持って行かなかった。
今日はそれに加えて500mlのペットボトル一本を持ってきた。
10時間の行動時間にたったそれだけと思うが、本当にこれだけで持ってしまうのだ。

筋持久力、筋肉の回復の早さ、熱効率の良さがそれを支えている。

トレランは好きじゃないので走りはしないが早歩きはする。
トレランは何でわざわざ山を走りに来るんだろうという疑問が沸騰する。
下でマラソンでもやってろよと思う。
が、このスタイルで早歩きしていると俺も完全にトレラン野郎と思われているだろう(笑)。

ひたすら上ってきた道をひたすら下っていく。

登山口に13時到着

7時間半。

疲れた・・・。

今日も温泉だ。
近くの幌加温泉へ。

20190929_144336.jpg

20190929_144328.jpg

20190929_133739.jpg

20190929_133757.jpg

20190929_133754.jpg

紅葉が素晴らしい。
キタキツネがお出迎え。

脱衣所にある体重計は67キロを指す。
昨日の雌阿寒岳では65キロだった。
ムッキムキのムテキング。
日々進化していく。

脱衣所から浴槽へ扉を開けて入っていく。

あれ?

女が居る・・・。

やべ、開ける扉を間違えたか?
いや、間違いはない。

ん?何だ、この光景は。

タオル一枚の20代位の女性2人とオヤジ数人がそれを囲んでいる。

テルマエ・ロマエよろしく異次元空間に飛び込んでしまったのか。

落ち着いて考えた挙句、ここは混浴だとの結論に達した。
だったらそう受付で言ってくれればいいのに。

身体を洗いつつも目線は遊ばせない。
ターゲットは決まっている。
ロックオンスタート。

VRで見る仮想現実(透明人間もの)は所詮ヴァーチャルでしかない(笑)。

あ、何だよ、もう出るのか。

浴槽を出た彼女らが身体を洗っているネイキッドムテキングの方に向かってくる。

おい、ちょっと待て。

お前ら、それじゃタオルの意味が無いだろうが!

上を隠さず、下を隠さず。

俺のニペソツ山が・・・(笑)。

うーん、やっぱりテルマエ・ロマエに紛れ込んだに違いない。

20190929_163459.jpg

露天風呂と周りの紅葉

20190929_163448.jpg

20190929_163401.jpg

どちらから入ってきても混浴(笑)

20190929_163352.jpg

泉質毎に三つの内湯

20190929_144617.jpg

お世話になった幌加温泉 鹿の谷さんという宿。
結局、2回も入り、PCもスマホもフル充電、ついでに俺もフル充電(笑)。
携帯電波が入らない宿です。
ここの温泉はまじで良かった。
また来てみたい。

明日は核心の百名山の幌尻岳。

今日よりも行動時間もあるし、距離も長い。
アップダウンも桁外れだし、何しろ日高は熊が怖い。
更に南のカムイエクウチカウシ山では人食い熊が発生して入山規制されてるとの事。

無事に完了して旭川で楽しい夜を過ごしたい。


遠征1日目 百名山・雌阿寒岳


今日から8連休。

まずは百名山の雌阿寒岳へ。
温泉地で有名な阿寒湖の近くの活火山。

いつ噴火してもおかしくないとの事。

20190928_114314.jpg

20190928_073935.jpg

登山口は温泉口から。
イージーな山登りで往復3時間で完了。

20190928_081756.jpg

途中、ロードバイクを背負ったハテナマンが・・・。
これも時代という事か。

頂上付近は噴火の蒸気がこっちまで来て息苦しい。

20190928_090734.jpg

御岳で爆発があったのは丁度この季節。
いつどこでああいう悲劇が起こるのか分からない。
今、ここで噴火してもそういう運命だったと思うしかない。

20190928_090457.jpg

20190928_073935.jpg

20190928_090739.jpg

20190928_090842.jpg

頂上からは阿寒湖、雄阿寒岳。
お、向こうに見えるのは斜里岳と羅臼岳だ。

下山後は登山口にあった野中温泉へ。

20190928_104531.jpg

20190928_111405.jpg

白濁の硫黄泉がたまらない。
疲れをばっちり癒した後は阿寒湖の観光。

阿寒湖は温泉地としても有名だが、アイヌの集落がある事でも有名。
巨大なホテルが立ち並んでいるメインストリートに所狭しとアイヌのお土産屋が。

20190928_122239.jpg

20190928_123911.jpg

20190928_125505.jpg

ちょっと離れた所にアイヌコタンというストリートがある。
奥にはシアター劇場があって、アイヌの踊りを見れるらしい。

一通り回る。

おお、この木彫り、いいね。

20190928_122717.jpg

とにかく色々置いてある。
毎度思うのだが、独りで見てもこういうのはつまらないものだ・・・(笑)。

阿寒湖を後にして、次の目的地はニペソツ山の登山口の幌加温泉手前の駐車場で車中泊。
フィジカルアップ
体重は変わってないが体脂肪が落ち続けている。
これは有酸素運動よりも筋肉量の増大をテーマにトレーニングしているからだ。

と言っても、腕立てと腹筋とスクワットの黄金3種を日中と夜にやっているだけだが、男性ホルモンだらけのこの体はハッキリと応えてくれる。
毎日のゴルフ練習も背筋などの体幹力アップにつながっている。

20190926_211247.jpg

体脂肪率は遂にこんな数字に・・・。

20190926_211238.jpg

体内年齢 19歳。

俺、大学1年生じゃん(笑)。

ゴルフ練習の様子を撮りっぱなしで撮影してみた。



ゴルフを始めて2か月。
積み重ねの大きさを感じる。

ネットを外して知床の山に沢山のボールを打ち込んでロストしてしまったが、最近はほぼ100%ネットに収まる。
遠心力と重心移動とテコの原理。

もっともっと行けそう。

ホテル地の涯ではナイトツアーを開始。
ガイドは俺・・・(笑)。

20190925_203757.jpg

20190925_203745.jpg

闇の知床を周り、動物サーチや満点の星空を見たりする案内。
やっぱりこういう仕事が俺には合ってる。

明日から8連休。

北海道百名山ツアーの開始。
利尻はもちろん、礼文も周ることにした。

一発目は雌阿寒岳。
これはイージー。

問題は翌日の幌尻岳ワンデイ。
気合入れてかからないと。




道東バイクツーリング

やってみたかったバイクツーリング。
北海道という大地で縦横無尽にバイクで走ったらさぞ気持ちいいだろうという安易な発想。

8月に4連休取って道北まで行こうと思ってたが、今年の夏は悪天候続きで結局キャンセル。

今日のこの日に賭けてみた。
1日だけなのであまり遠出は出来ない。
釧路湿原を走り抜けて、牧場の間を貫くミルクロードという国道272号線がルート。

ホテル地の涯を出発。
レンタルバイク屋がある川湯温泉まで2時間。

9時に到着。
ライダーハウスでもある「EZOライダー」でバイクをレンタル。

予約していたバイクはドラッグスターだったが、何でかヤマハのセローが出てきた。
まぁ、これでもいいか。

実は、ギア付きの中型バイクに乗るのは大学生の時にバイク免許取って以来20年振りの事。

「チョークを引いてからセル回して」

とか言われても、チンプンカンプンの俺。
仕舞いにはバイクにまたがる事も出来ない・・・(笑)。

マスターに手順を色々と教えてもらう。

「おいおい、こいつ大丈夫かよ」

みたいな視線を浴びつつ、フラフラしながらも何とか出発。

まずは釧路湿原へ。

ギアの変速とクラッチとアクセルのタイミングが全然合わない。
特にカーブや始動時にもたつく。
ここは安全運転、安全運転。

風をもろに受けるので寒い。
持ってきた厚手のズボンとスキー用のインナーが役に立つ。

だんだんバイクに慣れてくる。

「こりゃ、楽しいや」


20190922_103543.jpg

20190922_144217.jpg

20190922_155257_2019092303061986c.jpg

ほとんど直線道路。
広がりのある景色。
天気もまあまあ。

車の運転とは全く違う感覚。

そんな俺を追い越していく大型バイク。

「ピッ」と指のサインをして抜いていくライダー。

超カッコイイ!

対向から来たバイクはほとんどのライダーが挨拶してくる。

おお・・!。

登山者同士が登山中に交わす挨拶みたいなものか。
車を運転してたら絶対にやらないのに、不思議な感じ。

最初はとまどい気味に挨拶していた俺も対向のバイクが来る度に「ピッ」とサインを出す・・・(笑)。

そんなこんなでまずは釧路湿原のコッタロ展望台。

20190922_114131.jpg

20190922_114209.jpg

でっけー。
釧路湿原、でっけー。

展望台で会ったおばさんに中標津の開陽台という場所が素晴らしいと聞いて、最後に立ち寄ることにした。

続いて釧路湿原展望台。

20190922_113335.jpg

20190922_113338.jpg

20190922_115053.jpg

20190922_121857.jpg

20190922_115102.jpg

20190922_101851.jpg

20190922_163442.jpg

写真撮ってとお願いしたおばさんが妙に俺に恐縮していたが何だったんだ?
また誰かと勘違いされてるのか・・・(笑)。

釧路で打ちっ放しのゴルフ、釧路名物の炉端焼き、そして●●が目的だったが、川湯に18時までに戻らないと行けないので全部スルーする。
腹が減ったが、コンビニで済ます。

釧路を抜けて、北太平洋シーサイドラインへ。

海沿いの草原に囲まれた丘陵地帯。
ほぼ俺だけの独占道路。
あまりに気持ちいいので動画も撮ってみた。



うん、なかなか様になってるじゃないか(笑)。

シーサイドラインのハイライト、セキネップ展望広場。

20190922_133947.jpg

20190922_134021.jpg

20190922_134318.jpg

20190922_144728.jpg

20190922_135528.jpg

下は断崖絶壁。
向こうは太平洋。

草原に寝転んで買ってきたパンやらおにぎりをハムハムする。

この景色を前に何かを考えるのは無駄。
ただ眺めるだけの時間でいいのだ。

いよいよミルクロードに入る。

ひたすら直線。
右も左も山と草原。

「ヒャッホー!」

派手に挨拶してくる対向のライダーも同じ気持ちだろう。

この気持ち、バイク乗りにしか分かるまい。
しかもギア付きのバイクじゃなきゃ駄目だと思う。
男のロマンというか、何というか。

午後4時を回ると日も傾いてくる。

20190922_161016.jpg

開陽台へ。

「地球が丸く見える」との看板。

本当かいな?

20190922_161625.jpg

20190922_161550_2019092303061140f.jpg

「本当だ」(笑)。

何だ、この世界観。



コッタロ湿原展望台で教えてくれたおばちゃん、ありがとう。

20190922_165318.jpg

「牛」の大文字・・・(笑)

川湯に戻る途中、道を間違えて裏摩周へ来てしまう。
ちなみにカーナビが無いと本当にしんどい。
いちいち停車してスマホのグーグルナビを見るがそれでも間違える。

そういう装備がないレンタルバイクの致命的欠陥か。

だが、この裏摩周の展望台は当たり。

20190922_170939.jpg

7月に知床に向かう途中に寄った摩周湖展望台からの景色は平凡だったが、裏側から見るとなかなかじゃないか。
背後にある百名山の雌阿寒岳に落ちる夕日もいい。

さあ、後は川湯に戻ってバイクを返すだけだ。

それにしてもこのヤマハのセローはキビキビ走る。
釧路湿原のオフロードも難なくこなしてくれたし、オンロードでも安定している。

ギアの変速がしにくいし、ガソリンの残燃料が分からないし、110キロ位が限界の250㏄バイクだが、燃費がすごすぎる。

9時間乗って、何百キロって走ってるが、給油はたったの数リッター。
そもそも満タンで入ってたのか、とにかく燃料残が分からないのでいつ燃料切れになるか不安でもあったが。

もう18時。
バイクは寒すぎる。

20190922_175452.jpg

川湯に戻り、車に乗り換える。

うーん、やっぱり車がいいな・・・(笑)。

次は8連休。
道央、道北、利尻へバモス車中泊の登山中心の旅だ。

羅臼岳初雪
北海道の大雪山系では初雪があったそうだ。

ここ羅臼岳も初冠雪。
登山に行ったお客さんの写真を見せてもらう。

20190920_150954.jpg

20190920_151001.jpg

おお!

麓の登山口でゴルフの練習やってる馬鹿には分からないが、稜線ではもう雪。

ちなみにゴルフはますます面白くなってしまって、逃げられそうにない。
ネットに突き刺さる音が爆音に変わってきた。
芯を喰い始めて、身体の回転や重さを使ったスイングになってきている。
こんな小さい球に当たるかよと思うのだが、重さを使った切換えしていくと勝手に当たってズドォンとゴルフネットにぶち当たっていく。
この前の打ちっ放しで気付かされたグリップの修正がこの進化を呼び込んだ。
まだまだ宇宙の広がりがある。
この音には鹿もヒグマもびっくりしているだろうな・・・(笑)。

B型の俺はスイッチが入ると、とことんのめり込む。
逆にスイッチが入らないと、とことん逃げていくのだが・・・(笑)。

登山も受験勉強もクライミングもそうだった。
スキーは言わずもがなだが、ゴルフもその仲間に入ったと確信。

やるぞ。
やるしかない。

山はいよいよ冬。
身体が戻ってきてるからスキーがしたくてしょうがない。

コブも整地もイメージすればするほど新しい感覚や技術が出てくる。
特にコブはテレマークで一段と化けていくだろう。
レーシングも行ける。

間違いなく行くな、これは。

明後日はレンタルバイクで釧路湿原からミルクロードという牧場を走る抜ける直線道路をツーリングする。
バイクは400㏄のドラッグスターというごついやつを予約。
これまた珍道中になりそうだが・・・。

月末から翌月にかけて8連休。
道内の100名山、雌阿寒岳、幌尻岳と利尻岳を片付ける。
他にニペソツ山、美瑛岳も登りたい。
十勝岳、大雪山、羊蹄山はロストアロー時代に登っているのでこれで道内の山登りは終了する。

まだ知床連山の縦走が残っているが、これはいつやるか・・・。

テレビ撮影
スマホでの撮影が厳しく禁止されたし、放映前なので詳しくは書けないが・・・。

俳優二人が旅する番組でこのホテルを訪れる。
名前は言えない・・・(笑)。

背後に数台のカメラと数十名の撮影スタッフとそれを見守るホテルスタッフと宿泊客。

それを出迎えるフロントの俺が独り。

この絵面だけで発狂しそうな位、面白い。

「〇〇さんですよね。僕も横須賀なんですよ」

「え、本当ですか?」

みたいな会話と握手。
あぁ、死ぬほど面白い。

スキーの事は黙っておいた・・・。

放送局、放送日などは言えません。
くぅー、誰かに言いたいぜ。

Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.