FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
積み重ね
充実の一言に尽きる。

毎日のトレーニング、温泉を使ったストレッチと湯治、フロントでのイレギュラーな場面での対応力・・・(笑)。
賄いも豪勢でないのでこういう生活をしていれば、身体もアスリートっぽくなってくる。
脂肪が減り、筋肉質の身体が蘇る。
体重71キロ、体脂肪14%まで来た。
問題の膝もジワジワと良くなっているのが分かる。

20190731_132813.jpg

毎日のストックを両手にこの板を使ってトランポリンのように跳ねて有酸素運動を続けている。
板のたわみが身体に染みわたってくる。
疲れたら草の上で動きながらターン弧を描く。
羅臼岳に向かう登山者からは「???」という視線を浴びる。

トレーニング後は地下から湧き出している蒸気を使ったナチュラルミストサウナでドロドロに汗を流す。

20190731_132835.jpg

最後は露天でひたすらストレッチ。

20190731_124359.jpg

20190731_124104.jpg

身体が機敏になってくるとスキーの動きも変わってくる。

最近気付き始めたのが重心移動での重心の雪面からの高さの変化だ。
キャッチと返しとフォローが重要。
コブでの上半身の安定にもつながるし、早くて重い前半からの雪面タッチが可能になる。

イメージの中では一段と進化した滑りをしている。
試してみたい。

が、今は我慢だ。
毎日が砂時計のように流れていく。
日々、積み重ねているものがある。
様々な人がここを訪れて去っていく。
働きに来ているアルバイトも男女それぞれの価値観や積み重ねを持っている。
ここではスキーがどうとか、一切無意味。

「地の涯」というネーミングにふさわしい知床半島の果ての地に俺がこうやってジワジワと積み重ねているのが自分でも面白い。

あっという間の一か月。

良い所に来た。

来年もという声がある。
まさかな・・・。


スポンサーサイト



羅臼岳登山
予定通り羅臼岳登山に向かう。
予定外だったのは寝坊して5時出発が10時出発になった事(笑)。

ホテル寮からすぐそこが登山口。
木下小屋脇からひたすら上がる。

20190726_164638.jpg

20190726_152248.jpg
登山道唯一の水場。

20190726_110011.jpg


20190726_110736.jpg
羅臼岳が見えてくる。

20190726_121716.jpg
羅臼平到着。

道は明瞭だが、頂上付近の岩場がちょい悪い。
世界遺産というのは分かるが、登山道に飛び出している枝や木は伐採するべきだろう。
頭がガツガツ当たって痛い。

20190726_131458.jpg

20190726_131504.jpg

20190726_131449.jpg

20190726_131417.jpg


羅臼岳頂上1661m。
オホーツク海と太平洋の狭間の脊髄が知床連山。

羅臼岳往復で6時間半。
通常のコースタイムは10時間位。

体力の低下を感じる・・・。
膝も完調とは言えない。

無理は禁物。

縦走はまだまだ先の課題にしておこう。




サホロベアマウンテン&旭川観光


今日の休みはドライブ観光。
ホールの若手と一緒。

サホロのベアマウンテンへ。

サファリパークのヒグマバージョン。
目の前でヒグマが見れる。

20190725_100525.jpg

20190725_100248.jpg

20190725_110926.jpg

スキーで有名なサホロリゾート。
夏はこんな企画で営業している。
このベアマウンテンのウォッチングバスは最高。
これ目的で北海道に来てもそれだけの価値がある。
家族連れには一生の思い出になるだろう。
外国人も多い。

20190725_100351.jpg


20190725_100317.jpg

20190725_104138.jpg

20190725_103906.jpg

20190725_102902.jpg

20190725_102815.jpg

20190725_102810.jpg

20190725_102800.jpg

20190725_104938.jpg

20190725_104958.jpg

20190725_104527.jpg

パーク内はヒグマだらけ。
動物園とは違う迫力がある。

旭川に行く途中、ちょっと寄り道して美瑛のマイルドセブンの丘へ。

20190725_131708.jpg

20190725_131717.jpg

20190725_131704.jpg

さて次は旭川の近くにある通称「青い池」

20190725_124808.jpg

見ての通り、青い池。
ただそれだけ。

いよいよ旭川の旭山動物園。

一通り見て回る。
今日は道内も猛暑日。
動物たちもグッタリ。


20190725_140514.jpg

20190725_144710.jpg

20190725_142715.jpg

20190725_151733.jpg

20190725_141158.jpg

20190725_150501.jpg


ここのスタッフのホストぶりはすごい。
感動した。

次にお待ちかねの旭川ラーメン。
天金というお店へ。

20190725_162320.jpg

20190725_162639.jpg

20190725_163116.jpg

20190725_163126.jpg

店内は芸能人やら政治家の色紙で一杯。

うまい!

久しぶりに見た店内のテレビでは韓国との貿易摩擦の話題ばかり。
観光客が減って打撃とか日本製商品が売れないとかマイナス要素を押し立てて今回の輸出管理強化を批判しているマスコミ。
韓国が化学兵器にも使われる輸入物質を北朝鮮などに不法輸出した事はスルー。
こういう刷り込みに騙される人は多いんだろうな。

そしてまた知床へ。
明日も休み。
そろそろ登山しとかないと・・・(笑)。

知床五湖へマウンテンバイク

20190723_103605.jpg


先日届いたマウンテンバイクをセットアップ。
今日の中抜け休憩はこいつで知床五湖へ。

ホテルから1時間、下ったり登ったり。
膝にも優しいし、体幹も脚も鍛えられるバイクトレーニング。
バイクでダウンヒルやりながらスキーのイメトレ。
ターンの入り口が全て。
もうそこで勝負が決まる。
角付け、荷重、落差と左右差、たわみとトーション。
いいイメージで来ている。

20190723_104557.jpg

20190723_111644.jpg

景色も最高、気分もノリノリ。
熊さえ出てこなければ・・・(笑)。

知床五湖到着。

20190723_115436.jpg

20190723_113547.jpg


20190723_114258.jpg

20190723_113605.jpg

知床連山。

そのうち縦走してやるぜ。

毎日のこういうアクティビティが身体を作ってくれる。
温泉でのアクアトレーニング&ストレッチも継続。

今日やっと左足だけだが、正座でかかとが触れた。
が、まだまだ癒えてない。

晴れた日は知床五湖バイクは日課にしよう。

次のアクティビティは羅臼岳登山。
そしてゴルフに初挑戦・・・(笑)。

知床クルーズ
フロントマンは日々順調に成長。
あまりにも「いかつい」ので黒ぶちの伊達メガネをかけている。
これで少しはマイルド&知性的な印象に見えるだろう・・・(笑)。

今日は休み。
遊ぶ候補は色々あるが、系列会社の知床クルーズに空きがあるとの事でそっちに決める。
通常8000円はかかるが、フリーで通してもらう。

ウトロから出てる知床岬行きの観光船は4つ位ある。

20190719_093539.jpg

20190719_093606.jpg

20190719_095349.jpg

20190719_095713.jpg

20190719_111752.jpg

まずは乗船。
外人も多い。

海から見る知床半島。

20190719_100816.jpg

20190719_100300.jpg

来た時に感動したフレペの滝。

20190719_102034.jpg

20190719_103013.jpg

海岸線は基本的に断崖。
そこに流氷や強風がぶつかってこういう地形になったんだと。
まさに脊柱という感じ。

色々名前がある名所を巡る。

ヒグマが居るとのアナウンス。
どれ?どれ?って感じで全員が双眼鏡を覗く。

20190719_104020.jpg

え?ちっちゃ・・・。
船から見るとあんなもんなのか。

まさかこの後、間近で熊さんと出会うとは思いもよらない俺。

ルシャ湾到達。
実はこのルシャという場所に行きたかった。

3つの沢が入り組んでいてヒグマの聖地なんだそうだ。
ルシャで検索すると色々と興味深い。

このクルーズは知床岬行き。
が、今日は強風と高波でここで引き返すとの事。

20190719_111747.jpg

20190719_105712.jpg

うーん、残念なり。

20190719_114825.jpg

アイヌの方が営業している酋長の家。

下船後、間違って買っちまったタイヤの交換。
タイヤのホイールにはハブ径というものがあり、違うメーカーだとハブボルトの破損やタイヤ脱落等のひどい目に遭う。
が、交換は見事に失敗・・・(笑)。
新しく仕入れたタイヤがすでにパンクしてやがる・・・。

結局、また元のタイヤに交換。

気を取り直して、ウトロに5年も居る同じフロントの人がすすめた、ここのラーメンは絶品というお店、「なみしぶき」で腹ごしらえ。

生き返る。

次に向かうはカムイワッカの湯。
カムイは神、ワッカは何だっけ。

上部にある硫黄岳の噴火口から硫黄の湯がジャンジャン沢に流れ込んでいる。
知床五湖線から右折してダートを10キロ走る。

20190719_141007.jpg

あー、タイヤが心配だ…(笑)。

20190719_142137.jpg

20190719_142122.jpg

20190719_142330.jpg

20190719_142601.jpg

20190719_143023.jpg

カムイワッカの湯。
すごいの一言。

20190719_150707.jpg

ホテル地の涯に戻る途中の道。
とにかく真っ直ぐの道。
でっかい。

ん?

熊じゃね?



出たー!
ちらっとこちらを一瞥。
目が合う。

横断後、笹の中に消えていった。
こんな光景も知床ならではか・・・。

最近はトレーニングのバリエーションも増えていっている。
やっぱり有酸素運動は必至。
ちょっとした足踏み運動でも10分やれば全く違う。
なまっていた身体がしまっていくのが分かる。

膝のストレッチ具合は正座してかかとがケツにつくまであと数センチという感じ。
弾力も強さも戻ってきている。

あまり無茶せず、じわじわと続けていきたい。
去年の上高地バイトはトレランや登山と無茶しすぎて結局あとになって響いてきた。

知床やほかの山の登山は控えている。

マウンテンバイクは明日到着。
うーん、走行中に熊さんに出会ったらどうするんだろう・・・(笑)。


月山の動画まとめ



月山での動画をまとめてみた。
テレマークはもちろん、アルペン、それにスノーボード・・・(笑)。

2019年を通したまとめ動画は気が向いたら制作。

まずは月山での2か月を総括してみる。

膝は癒えてない。
特に急斜面での圧に耐えきれなかったのが悔やまれる。
イメージ出来てるのにやりたかったテレマークが出来ないもどかしさ。
縦に行っても、丸く行っても、たわんで曲がって抜けていく。
あともう少しという所で限界を迎えて時間切れ。

半面、アルペンはまだまだ伸びていく。
キーワードはトーション。
間近で見たナショナルデモの滑りに刺激を受けた。
アルペンでの今後の当面の目標に向けて更なるレベルアップを果たす。
テレマークとの差はますます開いてしまった・・・。

そしてスノーボード。
結局、コブに挑戦する所まで行かなかったのが悔やまれる・・・(笑)。
カービングにもう少し、丸いショートターンまでもう少し。
来季は1級取得、そしてスノーボードでもイントラやりたい。

まずはここ知床で完全体を取り戻すことに専念したい。
ホテルのフロント業務はさておいて(笑)、毎日2回の温泉湯治が効き始めている。
長い時間をかけて、ストレッチとアクアトレーニング(露天風呂でスクワットやコサックダンス)。
あいつ、フロントに居た奴じゃね?というお客様の奇異な目を受けつつ、日々トレーニング(笑)。
VRを使った動画イメトレも欠かさない。
膝も今までより深く曲がるし、ゴリゴリだった背中や腰の筋肉もゆるんできた。

そろそろアクティビティを始めてみたい。

知床連山の登山。
知床岬へのクルーズ。
北海道内のバイクツーリング。
網走にゴルフの練習場があるらしいので行ってみたい。
どうやって持って帰るのか考えずにマウンテンバイクも買っちまった…(笑)。

クビにならなければ10月末まで知床。
11月末からかぐらスキースクール。
それまではイメトレ&トレーニング。

気が向いたらブログを更新します・・・(笑)。


炭酸水素塩泉
岩尾別温泉にてリハビリ。

20190705_133157.jpg

20190705_133230.jpg

20190705_133225.jpg


炭酸水素塩泉のターコイズ色の露天風呂に毎日2回入る。
この露天は混浴。
湯あみ着という水着みたいなものを着用するのだが、女子はバスタオル的なものを羽織って入ってくる。
これも楽しみの一つ・・・(笑)。

時間をかけてじっくりストレッチ。
地の涯というネーミング通り、ホテル周辺には何もない。

時間の流れがゆるい。

身体がジワジワとゆるんできている感じがする。

色々とアクテビティが可能な北海道。

サイクリング。
思い切ってロードバイク買っちゃうか。

レンタルバイク。
中型2輪免許を持っているので400㏄のバイクをレンタルして北海道を回ってみたい。

登山。
知床登山は勿論、日高、十勝、幌尻方面にも行ける。

それらを我慢してまずはリハビリ。

そしてホテルではフロントに配属・・・(笑)。
Yシャツにネクタイ。
本当にいいのか・・・?

Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.