FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
コブの動画
朝一の時間は8時からレッスン開始の準備が始まる9時半まで。
その間にスクール専用のコブレーンの設置があるので実質1時間程。
今日でテレマーク朝練は3日目。
今日は小回りがテーマ。
アルペンのように前半のずらしからのカービングとたわみと反動を作り出す。
いい感じだが、まだまだ行けそう。

レッスン終了後はコブ練習。
久々にコブの動画を撮影してもらった。
テーマは腰を出す事。
どこで出すかが今の研究課題。
今日はまあまあかな。



お知らせです。

かぐらスキースクールでの自分が担当するのは自分指名のプライベートレッスンや外国人プライベートレッスンが入っている場合を除いて、通常コースの「ベーシックコース」、「コブAコース」、「コブBコース」のどちらかに配置されます。
コブコースがメインになりますが、コースレッスンは逆指名が出来ませんし、どこのコースに配置になるのかはレッスン開始の直前まで分からない事が多いのです。
有難い事に自分のレッスンは好評を頂いており、私が配置されるレッスンが決まってるとレッスンに入りやすいとの声を多数頂きました。
そこで私が上記3コースに配置されるだろう日程をこちらのブログで常時アップさせて頂こうかと思います。

※事情により配置されない事もありますので確実にお約束は出来ませんが、レッスンお申し込みのご参考にしてください。

※テレマークレッスンはプライベートレッスンという形でお受けできます。
スクールお申込みのリンクはこちらです。
かぐらスキースクール

※月山にて5月GW以降7月まで一個人としてテレマーク&基礎スキーのレッスンを開始する予定でいます。詳細はまた後日アップいたします。


スポンサーサイト



テレマークの進化系


朝一はテレマーク。
これからは朝一トレーニングは全てテレマークで出よう。
このスキースクールに来てから5年。
テレマークを履く時間が短くなっている。
それではダメだ。
なるべく多くの時間をこいつと共にしたい。

クラウンプライズ合格!

ブランシュたかやまでのクラウン検定。
「全てはワンランク上のスキーヤーのために」という標語がスキーセンターに掲げてある、スキーヤーオンリーのスキー場。

PT370054_20190225215856224.jpg

偏差値の低いサルのようなボーダーは入ってこない。

完璧な圧雪、中斜度の完璧な一枚バーン、リフト係の丁寧な対応と一人一人に対するおもてなしと笑顔、キビキビ動くパトロール。
朝一のリフトに乗ろうとすると検定のビブを付けた俺に「力を抜いて頑張って」とリフト係のオッサンがチョコを渡してくれた。
本当に気持ちいい。
来てよかったと思える。

間違っても営業開始前のバーンのど真ん中をスノーモービルで荒らす事は無いし、身内の粗探しばかりする事もない。

最高のスキー場の一つ。

もっともっとこっちに客が来ればいいのに・・・。

天気は良好。
気温も良好。
バーンは最高。

これは言い訳できない条件。

ビブはNO1。

DSC_0433_2019022521585892e.jpg

9時半開会式なのでそれまでは練習。

検定予定のスラロームコースでロング系と小回り。
エキスパートコースで不整地。
コブバーンに行ってみるとコブが無い・・・。
どこでやるのと周りに聞いてもこのナチュラルな斜面でやるとの事。
あれだけコブの練習したのに・・・。
不安が強まる。

開会式。

PT370052_20190225215853543.jpg


平日の検定だが、クラウン、テクニカル合わせて30人位の受検者。
クラウン班に3週間前の菅平で宇宙点を出して合格した中学生が居た。
「暇だからまた受けに来ました。あ、この前も居ましたよね」じゃねぇよ。
何しに来たんだ、こいつは・・・(笑)。

まずは小回り。
前走は園田琴美。

まあまあの滑りだったが、加点要素は無かったか。

続いて大回り。
前回の菅平での失敗の一つは初速の無さ。
今日は漕いでクローチングスタート。
思ったよりもスピードが出て焦る。
急斜面で妙なバイブレーションが出て更に焦る。
ただ、一昨日の菅平白金での動きは出せた。

続いてフリー。

これもスピードが出過ぎて演技要素が少なすぎた。
正直これでもう今回の検定はダメだと諦めが入る。

最後に不整地小回り。
エキスパートコースという30度はあるかという急斜面。
バーンはつるつるに磨かれている鉄板。

PT370055_20190225215857b03.jpg

コブはない。
雪不足でコブが作れないそうだ。

開始前の練習でも全くいい滑りが出来なかったし、前のフリーで失敗してるので開き直る。
柔らかく、腰を低く、ストロークを横に出して、落差も取って丁寧に滑る作戦。
最終的にこれが効いた。

どうせダメだと思って閉会式へ。
検定員の講評を聞いて、あぁ、やっぱり駄目だったかと。
板が叩かれたのはまだまだ技術力不足だった。
まだ俺はクラウンに遠いのかと。

そして最後に結果が張り出された。
うん?
一番上に〇が付いてないか???

DSC_0434_201902252158507f6.jpg


え?まさか。
嘘だろ!

目の前で起こっている事が別世界の出来事のように錯覚する。

合格してるじゃねぇか!!!

飛び上がってガッツポーズ。
その後はもう駄目。
今までのシーンが頭をよぎる。
しゃがみこんで大泣き。

昨年の膝痛でもうスキーは無理かもと追い詰められた時期もあった。
1点差で落ちた2年前の菅平会場、あと少しという所まで迫った岩原会場、そして3週間前の同じ菅平会場での悔しい思い。

沢山練習もした。
不器用な練習だったし、昼間も惜しんでやった。

そういう思いが込み上げてくる。

7000円の公認料を払い、バッジと合格証書を貰う。
あめでとうございますと言われ、更に泣く。

DSC_0438_20190225215853f29.jpg


スクールと粟野校長に報告、フェイスブックにも投稿。
沢山のコメント頂き、恐縮。
3週間前の検定で落としてくれた方からもコメント頂く。
あれが無かったら今の成長は無かった。
たった3週間で劇的に変わった。
そしてまだまだ伸びると確信している。

今回のクラウン検定だが、ミスもあったがジャッジは見るべき動きを見ているのだなと思った。
まやかしは通用しない。
いちかばちかというのも通用しない。
失敗はあっても真実に近い運動が評価されるのだと。
今回のジャッジ陣には本質を見てもらったような気がする。

大回り系は後半の動きにもっともっと工夫が必要。
小回り系は骨盤の動きと重心移動のマッチング。
まだまだ行けそう。

とりあえず、これからはテレマーク。
基礎で積み上げたものをすべてテレマークで吐き出す。

それにしても息の詰まった3日間だった・・・(笑)。

準指導員合格
今日の種目はシュテムターンとフリー滑走。
フリー滑走はギャラリーを驚かせたようで握手まで求められる始末(笑)。

コブ滑ってても上手いですねと一般の人に声をかけられる。
でも本来は俺はテレマークだから不思議な気持ち。

結果は無事に準指導員合格。

DSC_0441_201902242051290e6.jpg

DSC_0439_20190224205128d66.jpg

DSC_0438_201902242051261e5.jpg

DSC_0437_20190224205125da0.jpg

同じ班で落ちた人も多数。
同じ班で受かった人は三回も四回も受検して、泣いてる人も。
俺の知り合いやレッスンした方達は不合格。
あんなに頑張ってたのに。
彼らの分までしっかりやらないといけない。

検定終了後はまた自己練。
昨日の練習でも閃いたのだが内足から外足の捉えが抜群に良くなった。
白金の急斜面でのワンターンがきっかけ。
落ちる所で外足の親指一本で軸を作っているような。
そういう捉えをした時は後の展開が楽。

コブも死ぬほど滑った。
腰の位置次第で目まぐるしくレベルが変わる。
あれほど苦戦した裏太郎のデカイコブもスムーズに完走。
もっと研究して更なる高みへ行きたい。

間違いなく言えるのはテレマークがとんでもないレベルに進化しているだろう事。
クラウン取ったらテレマークに集中したい。
月山では短期的ではあるがテレマークレッスンという形で独立したいとも思っている。

たった今、ブランシュたかやま到着。
ちなみに遠征中は全て車中泊。
一昨日の菅平はさすがに寒かった…(笑)。

上は満天の星空。
北斗七星が目の前にある。

まずはクラウンという巨大な壁を越えないと。

準指導員実技1日目終了
またまたまた菅平。
これで4回目。
やっぱり気持ちいいスキー場だわ、ここは。
どごぞとは違う。

実技1日目終了。
基礎種目のプルークボーゲン、横滑りの展開、滑走プルークの展開、基礎小回りと実践のコブと大回り。
コブは昨日緩んだ雪が今日の冷え込みでカチカチで結構深いし、エグいので肝を冷やしたが検定本番はスタート位置をそこまで下げるかと言うほど下げてくれたので一安心。
今日の種目は周りの評価も高かったので大丈夫だろう。
大回りはさすがと言われ、滑走プルークの展開は滅茶苦茶上手かったと言われ、コブは丁寧でカッコいいと言われ、横滑りでもカッコいいと言われた(笑)。
プルークボーゲンと滑走プルークはまじで緊張。
昨日の外国人レッスンのトレイン中に練習してたが(笑)、こういうのは苦手。
もう二度とやりたくない(笑)。

明日はシュテムターンとフリー滑走の実践2種目。

検定終了後はもちろん練習。
昨日の動画で曲がってくるのを抑えていこうとしたら、白金の急斜面でやると板はたわむがバタバタと暴れて来てしまう。
多分解決法があるはず。
小回りはまだ少しミスが目立つが完全に大回りと共に俺の得意種目になってきた。
後はやっぱり苦戦したでかくて深いコブ。
しかもカッチカチ。
この前よりかは重心移動を意識して動けたが、まだまだ本物じゃない。
明後日のブランシュたかやまのコブが柔らかければ…。

とりあえず明日気を抜かずにやっていこう。


大回りの成長



大回りはここまで来た。
今まででベスト。

小回り用の板なのですぐ曲がってくるのを押さえていけばもっとたわんで走ってくる。

まだ内足の使い方が下手。

まだまだ伸びそう。

明日から菅平で準指導員の実技検定。
気を抜かずに忠実にやっていく。
無事合格して週明けの月曜日にブランシュたかやまでクラウン検定。

今日は昨日に引き続き香港からの外国人相手のレッスン。

DSC_0433_20190222195824b30.jpg

仲良し3人組のテンションは高く、レッスンしていて楽しい。
この2日間で歩行からパラレルまで進んだ3人は明日は田代エリアでフリーで滑るとか。
こうやってスキー人口が増えていくのは面白い。




コブでの膝の動き
昨日のアドバイスでちょっと良くなったかも。
今日は雨とガスで視界不良。
イマイチ練習の成果が出せなかった。
最近は色々と改善点が多すぎて自分でも整理できてない。
意識せずに無意識に出せるようにとにかく自分の本能との闘い。

柏木義之の小回りに触発されて、まねてみたがこれが難しい。
捉えとたわみと骨盤の回転。
そう簡単には行くわけはないか・・・。

レッスン後は自分がセッティングしたやや実践的なスクールコブで練習。
リバースラインに近い縦にぶち込んでみてもコントロールできる。
谷にコンタクトしている。
2年前のスキーグラフィックのDVDにあった畳レッスンの今井優子編の膝の動きが進化の源。
コブももうかなりのレベルに来ていると思う。
近々動画を撮ってもらおう。

Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.