FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
悪天候が続く
秋雨前線が停滞。

雪渓もひどい状況だろう。
この前のスキーがもしかしたら最終になるのか・・・?

筋トレ&糖質ダイエットもは毎日継続中。

ご飯は消化されると糖質に変わる。
取りすぎた糖質は全て脂肪に蓄えられる。
要はご飯を食べないで他の物を食べればいい。
肉、魚、チーズ、卵、野菜を中心に。
ご飯、そば、うどん、パスタ、パンは避ける。
砂糖の入ったジュース、お菓子、アイスは絶対に避ける。

一日のトータルカロリーは変わらないが、その中身を変える。

体重は60キロ台に突入。
月山に居た頃は74キロだったから5キロ以上の減量。

加えてストレッチングに凝っている。
やっぱり俺の膝痛の原因は筋肉の硬さによる膝蓋腱の炎症。

zu1.jpg

とにかく柔らかくしないと改善していかない。
靭帯や半月版には異常が無いのだからこういう日々の努力をして我慢して待つしかない。

膝は今までで一番曲がる状態にまで来ている。
踵がお尻にもう少しでくっつきそうな位。
月山の時は足首すら持てない程だったのが嘘のようだ。

滑らなくてもレベルアップはする。
I君のアドバイスで「傾く」という技術がブラッシュアップ。
腰折れで内傾が作れてなかったのは分かっていたが、これでダイナミックなアルペンのロングになるだろう。

膝が全快して、整地でテレマークのロングやったら今までにないテレマークが出来る。

11月のオーストリアに間に合わせるようにゆっくりやっていきたい。

乗鞍で無茶して滑る必要もほとんど無くなった。
もう乗鞍は今年で最後になるだろう。

外国人相手のインバウンドの仕事がしたい。
夏でも冬でも。
誰か紹介して頂ければ有難いなぁ・・・(笑)。



スポンサーサイト



一ヶ月ぶりのスキー
やっと雪上に来た。
何とかコブのラインがある場所まで移動。

DSC_0410_201808272022505bf.jpg


8ターン位しか出来ないが、そこそこの練習にはなる。
やっぱり感覚が鈍ってるのと筋トレのやりすぎなのか、脚に不安。



いまいち反応が良くない。
午前中の休憩時間はこれで終了。

午後の夕食前の休憩時間を使って再び出動。
今度はコブじゃなくてかろうじて残っている雪渓へ。

やっと取り戻してきた。
脚も慣れてきた。

今まではスキーの物理を無視して動かしすぎていた。
もっともっと雪面からの圧や抵抗を感じて一体化していかないと。

動画も撮ったけど通信環境が悪くなかなかアップが難しい。

雪が無い・・・
休憩時間に大雪渓へ状況を見に行く。

これは・・・。

20180826_110410.jpg

2年前の時と同じだ。
雪が無い。
去年の3分の1かそれ以下。

一気にやる気が無くなってしまった。
これでは乗鞍に固執する必要も無い。
やっぱり夏は南半球でやりたいなぁ。

と言いながらもまだ粘ると思うが。

スキーの技術は閃き続けている。
ターン後半の内脚のタメからの次のターン始動につながる外脚の捉えがヒントに。
テレマークでも外脚ばかり気にしていたような気がする。
重さが十分に伝わって鋭い弧に変わる。

こういう事を試してみたかったが、これでは無理。

台風の被害で小屋の屋根はこんな感じに。

20180825_111842.jpg

ちなみに今日は乗鞍のヒルクライム大会。
何千人と参加するらしい。

20180826_110405.jpg








乗鞍肩の小屋へ
DSC_0409_20180824154936ade.jpg


昨日ようやく肩の小屋に移動。
月山で一緒だったI君とも再会。
そして色々と揉めてた人達と話し合い。

10月上旬までここでバイトだ。
空いた休憩時間はもちろん乗鞍大雪渓へ行く。
そこだけは譲れない。

とにかく、俺は気の強い女は嫌だ・・・(笑)。
月山にも自意識過剰で自己中のアホが居るが、彼女らとは永遠に分かち合えないだろうと思う。

うまく行けば明日からスキーに行ける。
台風で小屋の屋根が半分ほど引っ剥がされてしまって今後どうなるか心配だが・・・(笑)。

今日は43歳の誕生日。
11月にはオーストリア遠征も決めた。

ヨーロッパで活躍したい。
そんな野望がふつふつと沸いてきた8月だった。

下の旅館に居たこの3週間はハードな筋トレと過酷な糖質ダイエット。
裸を見せられないのは残念だが、数年前のムキムキ度に近くなってきた(笑)。

まだまだ頑張れる。

かな?

乗鞍高原トレラン

仕事休みに乗鞍高原の名所巡りへ。

番所大滝

20180810_133707.jpg

三本滝

20180810_143428.jpg

20180810_143449.jpg

東大ヒュッテ前の孫市平で見た入道雲

20180810_155840.jpg

20180810_155843.jpg

20180810_155855.jpg

トレラン風に各所を走ってみた。
まだまだ完調とは言えないが、間違いなく今まで一番良い。

糖質ダイエットはいいが、腹が減る・・・(笑)。



乗鞍鈴蘭小屋でトレーニング&温泉
月山を離れて乗鞍に入り1週間。
なかなか乗鞍の大雪渓で滑れるチャンスが無い。

というのもしばらくは麓の乗鞍高原にある鈴蘭小屋での奉公が続いているからで・・・。

乗鞍鈴蘭小屋の温泉は白骨温泉の源泉とほぼ同じ。
乳白色の硫黄分を強く含んだ白濁湯。
これが身体によく効く。
温泉療養は1週間以上が推奨されているが、本当にこれ。
たかたが一回や一日の温泉入浴では身体には効かない。
身体が軽いし、肌がピンピンしている。

月山でやりすぎたツケはここで解消され、更に改善。
膝を深く曲げても大丈夫。
スクワットもジャンプもジョギングもOK。
テレマークでコブに入っても自在に動けるイメージがある。

空いた時間で筋トレ開始。
30分みっちり。
これを昼と夕方に2セット。
温泉効果も手伝ってみるみると身体が絞まってきた。

おすすめはその場で出来る縄なし縄跳び・・・(笑)。

そうだ、俺はこのサイクルを忘れていた。

スキースクールに入る以前はきちんとトレーニングして身体を維持してきていた。
が、ここ数年はさぼりすぎて重い身体をひきずって、結局は膝の障害を引き起こした。

怪我の功名か、いいリズムが戻ってきた。
糖質ダイエットも開始。
あの伝説の○○急便時代、アサマ2000で滑りまくっていた当時の最強のフィジカルに戻れるかもしれない。

お盆明けには何がなんでも乗鞍肩の小屋に入り、スキーを爆発させたい。

Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.