FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
ちょっと進化


埼玉県から出てる全日本選手の20歳のスクールスタッフと撮影。
この動画に現れてなかったけどこの後、こいつの滑りを見て閃いた。
前半での骨盤のセットが出来た。
もっと板の推進する方向にどんどん向いて加圧していかないといけない。

粟野校長にブーツのレクチャーを受ける。
スキーブーツってそんなに奥が深かったのか・・・。

今日で大晦日。
ニセコでやっていても、いづれはまたかぐらに戻ってきただろうと思う程に楽しくやっている。

お客さんにもスタッフにも校長にも本当に感謝。

東京都予選突破。
クラウン奪取。
SIAアルペンステージ奪取。
SIAテレマークステージ奪取。
TAJテレマーク指導員奪取。
TAJテレマーク公認レース優勝。
TAJ技術コンテスト優勝。

この内、いくつが実現できるだろうか。

ニセコに居たら出来なかった事が多い。
そういう運命にあるのだと思うしかない。


スポンサーサイト



やっぱり難しいアルペン
久々の撮影。
大回りとコブ。



やっぱりうまく行かない。
ターン前半で伸ばしすぎるので後半のストロークが足りなくなるとの指摘をスクールでスペシャルレッスンに来ていた東京都SAJデモの内田さんより頂く。
なかなかイメージ通りには行かない。
コブもまだまだ。
乗鞍の時の方が良かった。

軟らかい雪の場合の小回りの引き出しが必要。
テレマークなら全てがイメージできるのに踵が固定されたこのアルペンは思い通りに行かない。
くそっ!!!


テレマーク解放の日が近づく。

大雪
かぐらに来て4年になるが、今日ほどの大雪は初めて。
昨日の夜から振り続け積雪は1mを越す。

DSC_0341_20171227212933576.jpg

PT370017.jpg

PT370016.jpg

車は埋まり、あちこちで除雪マシンが稼動。

DSC_0343_20171227212921302.jpg

DSC_0344_201712272129222fc.jpg

DSC_0345_20171227212923b50.jpg

DSC_0346_20171227212925952.jpg

DSC_0347_20171227212926647.jpg


俺はやっと活力を取り戻し、リズムに乗ってきた。
こっちでやるべき事をやっていく。
おかげさまで俺のレッスンは喜んでもらっている。
どうしたらこの受講者さんを伸ばしていくのかが見える。
なぜなら俺自身もその悩みを抱えていたから。

この数日でアルペンのテクニックも数段進化した。

推進力を加えたターンスピードの向上。
重さを乗せ続けた曲げ切り換え。
腰高には必ずなる。
コブレッスンを重ねる内に乗鞍でやっていた以上の感覚が出てくる。

近くの温泉を有酸素や筋力のトレーニング場にして1週間。
体重も落ちてきて、身体が締まってきた。

全てはテレマークの為にある。

キレキレ
朝一の練習。
「キレキレだね!」
あるベテランインストラクターからの一言。
昨日の課題が修正された。
たわみの解放が上に抜けるという悪癖に繋がっていた。

重さを抜かないまま、たわみをリリースする。

夕方は西村斉元ナショデモの研修。
反応を「待つ」のだそう。

斜面に垂直に立つ。

小回りでは置いてかれる事は無くなった。

大回りも斉さんにカッコいいと言われる。

ようやく壁を突破。

そう言えば今日はクリスマスイブ。
独り身の俺はこの雪だるまで満足さ…(笑)。

PT370013.jpg

PT370014.jpg



甘かった…
切換で重さが抜けている。
斜面に垂直にも立ててない。
受講生さんに散々言ってきた事が自分で出来てない。

今日の研修と下山中に言われた一言が核心を付いた。
腕の回し込みが諸悪の根源。
だがこれで変われる。

後は猛練習あるのみ。
技術というのは奥深いようでいて実にシンプル。

ラングのブーツテスト


今日も休みでアルペン練習。


新しく入手したラングのWorldCup ZA+のブーツテスト。

スイートスポットはこいつの方が押せる。
ベタで押していくにはフィッシャー。

悩む・・・。

動画はラングのテスト中なので圧が足りないのはしょうがないとしても色々課題が噴出。



軸を意識しすぎて加圧が足りない。
もう2段位、重心を下げていこう。

右外脚が真っ直ぐになっていない。
腰がインサイドにセットされて腰がロックされているのが原因。
これは大きな課題。
修正されているかと思いきやこうやってビデオ見るとかなりへこむ。

それでもまぁまぁ綺麗な滑りには違いないが。

小回りの重心移動は雪質、斜度、自分が思い描くターン弧によって様々。
付いていくのか、フォールラインに落とし込むのか。
この付いていくという動きが収穫。

昨日の自分の滑りも観察していた技選の全日本選手にアドバイスを貰う。

重心移動は3Dか・・・。
なるほど。

しかし10歳以上年下の奴にタメ口聞かれる俺って。
それだけ親しみやすいって事かな・・・(笑)。

アルペン練習三昧
休みの今日はかぐらエリアに上がり185cmを履いて大回りの練習。

DSC_0341_2017122121573409c.jpg

一昨日感じたテレマーク的動きは再現ならず。
たわむから曲がる。
ポイントはどこでたわますのか、どうたわますのか、たわんだ板をどこで返すのかという事。

みつまたエリアに帰ってショート板に代えて更に練習。
小回りの重心移動が良くなった。

本命のテレマークの解禁はいつになるのか・・・。


Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.