FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
ニセコテレマークデビュー


昨日取り付けた一台のテレマークでニセコデビュー。
昨日の雨でガリガリのアイスの上に薄く雪が積もっている。

イエティでの感触が良かっただけに今日のテレマークはまるで駄目だった。
あれから1ヶ月半。
感覚も鈍っているのかも。
アルペンやりすぎたのかも。

初心者レッスンのコツを掴んできた。
今日は上海と香港から。
中国語も活用している。
どちらも2時間以内にパラレル到達。

北海道スキー連盟に色々な検定や大会について調べてみたが非常に面倒だと言う事が分かった。
これは間違いなく一つの壁になる。

スポンサーサイト



そろそろテレマーク
外足の重さを乗せ続ける。
プレスしたまま体軸の調整に入ればいい。
骨盤の動きは良くなっているものの、実際どういうシルエットになっているのかビデオで確認してみたいのだが・・・。

今日は雨。
お客さんも少ない中、上海からの2人組みのレッスン。
昨日よりかは上達させるコツを得たと思う。

だんだんとスクールにも慣れ、アンヌプリスキー場にもなじんできた。

そろそろテレマークの出番。

やっぱりテレマークしたくなる
今日は板をストックリに変えてみた。
去年ほどいい感触は無いかも。
フォルクルのSDが今のところベスト。

それにしても圧雪が綺麗。
間違いなくプロの仕事だ。
このスキー場がそれだけ潤っているという事だろう。
潤っているのに油代をケチってボコボコのバーンにしていたスキー場がどこぞにあったな。

そろそろテレマークがしたくてウズウズして来てしまった。

今日は午前マレーシアンの子供4人、午後は香港からの2人組み。

DSC_0355_20171128200518bb2.jpg

DSC_0356_2017112820051429a.jpg

こうやって写真撮ってとか連絡先教えてくれとか言われるのはそれだけの仕事をしているという事だと思う。
ただどうしたらもっとうまく伝わって上達していくのか日々研究している。

昼飯忘れて(と言ってもカップめんだけど・・・)滑り続けていたら、一気に疲れが出てきた。
横須賀を出てから12日、長旅の疲れもある。



ニセコパウダー
DSC_0353_20171127195526239.jpg

昨日まで降り続いていた雪はフワフワのパウダーになった。
これがニセコの雪か。
軽い。
吹けば飛ぶような雪。
いや、実際に飛んでいく。

すげー・・・!

レッスンは10時から。
リフト開始は8時半から。
ここのスクールは集団行動がほとんど無い。
レッスン以外の時間は自分の練習に没頭できる。

スキー場のパトロールもリフト、スキー場スタッフもものすごくフレンドリーで丁寧で親切。
どこぞのスキー場に爪の垢でも飲ませてやりたい。

コブレッスンも無いので体にも優しい。
俺にとってはこれ以上ない練習環境。

練習場所のユートピアコース。

DSC_0360_2017112719552367f.jpg

DSC_0363_2017112719552274f.jpg

リフト沿いで幅広の一枚バーンの中斜面。
パウダージャンキーが横から飛び出してくるリスクはあるが、ここで死んで果てる程、練習に明け暮れるに違いない・・・(笑)。

今日もアルペン。
だんだんと骨盤と脳内がつながってくる感じがある。
ビデオ撮りが出来ないのが辛い所。
俺と気が合う奴を見つけ出すしかない。

テレマークもそろそろデビューさせたいが、ビンディングを全て外してこっちに持ち込んだので、まだまだそこまで準備が間に合わない。
が、今はそれほどテレマークに固執する必要もない。

今日はシンガポールからのお客さんの3人家族。

DSC_0359.jpg

レッスン中に助けた台湾人も俺指名でレッスンを申し込んできた。
レッスン後もマスターしたプルークで爽快に滑っている。

これこそ俺がやりたかった仕事なんだよなぁ。

ラストのゴンドラに乗るとご褒美の絶景。

DSC_0361_20171127195524f97.jpg

DSC_0362_20171127195825906.jpg



外人祭り
今日は香港からのお客さん。
弁護士でニセコの土地に投資もしているとか。
昼の休憩中にシンガポールから来た人に話しかけられ、昨日の子供相手のレッスンは素晴らしかったから是非子供を担当してほしいとの事。
今日の香港人も次回の予約指名をして帰っていった。
かぐらでも外人受けは良かった。
間違いなく、ここでもフィーバーする。

アンヌプリで2日目。
今日はゴンドラが強風で動かず。
ゴンドラに乗れないと緩斜面しか滑れないスキー場に変貌する。
これはこれでかなりストレスフル。

今日もアルペンの練習。
骨盤がどういう時にどう動くのか。
データベースが書き込まれていく。




スクールスタート

ニセコアンヌプリスキー場オープン。

DSC_0349_20171125203246bba.jpg

空き時間は自分の練習。
当然アルペンから。
ユートピアコースという最高に練習に適したバーンを発見。
多分、時間がある限りここをグルグル回す事になる。

アルペンは別人の滑りに。
板のたわみ、板の走り。
骨盤の意識と足裏がまだつながっていない。
早くクラウン取って、技術選の常連にならないと。

スクール受付の前に居た雰囲気あるテレマーカーに話しかけてみる。
彼はニセコパウダーカンパニーの大島君と判明。
彼の滑りはすごいという噂を聞いていた。
彼とゴンドラが一緒になったので色々と会話する。
レッスン中に彼のフリーを見たけど、まぁ負ける気はしない。

そして今日からレッスンスタート。

午前はインドネシアから来た青年。

DSC_0350_20171125203254901.jpg

午後はマレーシアから来た2人姉妹。

DSC_0351_2017112520324817c.jpg

スキーが初めて。
雪見るのも初めて。

そういう人に雪や雪の上を滑るという楽しさを伝えていくのが当面の俺の仕事。
2時間あればプルークターンまで行ける。

特に午後の恐くて泣きまくっていたお姉さんがプルークがマスターできるようになって心を開き、笑い、更に上達していく。
俺もそれを見ていて泣きそうになる。

とにかくこのスクールは外人祭りが続く。
明日も明後日も外国人レッスン。
早朝からナイターまで。
稼げるけど自分の練習時間も取りたい所。

ニセコは雪は軽いけど降りすぎ・・・(笑)。

PT370002.jpg

PT370003_201711252032541ce.jpg


ニセコカムバック


昨日は襟裳岬から三石という場所まで。
朝一で隣接している温泉でくつろぐ。

競走馬の育成牧場が立ち並んでいる。
海と草原と牧場。

DSC_0339_201711242250415dc.jpg

DSC_0337_20171124225038d39.jpg

やっぱり北海道は夏がベスト・・・(笑)。

支笏湖を抜けるとその向こう側は雪。
北海道は地域によって天候が全く違う。

ニセコに戻ってきた。
メーターは17万キロ近くまで来た。
多分3000キロかそれ以上動いた。
この車はリッター10キロ以上は走る。
かなり省エネで走ってるけど。

スクールでシーズンパスの写真撮影や寮の準備。
寮はウィークリーマンションみたいな所でかなり快適。
問題は飯。
かぐらと同じように昼は坦々麺のカップラーメンと豆腐、夜は超大盛りパスタとカレーライスの日替わりで行くか。

明日からスクールでレッスン開始。

DSC_0344_20171124225036ef6.jpg

DSC_0343_20171124225035ca2.jpg

DSC_0345_201711242250356bc.jpg

それにしてもニセコの雪は軽い!!!



Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.