FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
テレマークを超えるテレマークが来た?

今日はテレマーク。
アルペンかどっちか迷ったけど、特に理由は無い・・・(笑)。

大斜面は諦めてTバーへ。

DSC_0002_20170630153045fb9.jpg

ナチュラルバーンと言う名の天然斜面でひたすら大回りの練習。

骨盤を立てる。
外腰を出す。

高い所から骨格を利用してダイレクトに板をたわませられる。

骨盤が寝てしまうと重さが伝わらないし、力が逃げる。
つまり体軸こそ重要。
これはアルペンもテレマークも変わらない。
ターン運動の深いところに入ってきたような気がする。

テレマークの外脚の捉えた後の伸展の方向。
今日はこれが見えてきた。

何ターンかは板が唸ってドライブして曲がっていった。

この進化は俺の予想外。
すごいテレマークになりそう。

結果として今日はテレマークで良かった。
リフトに乗れないので中国語の勉強が出来なかったけど・・・。

梅雨前線がいよいよ北上しつつある。
明日の週末からまた天気が悪い。

DSC_0003_20170630153043a63.jpg

昼過ぎからこっちもガスと雨。

スポンサーサイト



アルペン好調

テレマークの方が難しいし、筋力も要る。
技術的難度が高い分、やりがいがある。
でもアルペンもまあまあ面白いかな。

DSC_0008_20170629164647988.jpg


三脚置いて大回りと小回りの撮影。
コブは時間が無かった。
バーンは見ての通りボッコボコ。
コブがないだけのこれぞナチュラルバーン。



クラウン検定4回失敗、前年は3回失敗した俺から見ても合格の範囲内に収まってきたと思う・・・(笑)。
いつの間にか左手の巻き込み癖もそんなに目立たなくなってきたような・・・。
股関節の動きがいいのかもしれない。

大斜面は今日で終わり。
遂に今日で寸断されてしまった・・・。

DSC_0010_201706291646440b7.jpg

DSC_0011_201706291646468ed.jpg

明日から上部のTバーに移動してまた滑りまくり。

リフト乗車中はひたすら中国語の発音とリスニング、文法、単語習得に費やしている。
Tバー行くとこれが出来ないのが辛い。
中国語の習得というのもいつの間にか、俺の中で大きなテーマになってしまった(笑)。

ちなみに宿の仕事は朝一から夜までの間で拘束されて、滑るのは昼間の3~4時間程。
昼飯は抜いて滑りまくる。
このサイクルにも慣れてきた。
予定していた乗鞍の小屋に入るのは7月上旬。
ただTバーの営業延長に伴い、その予定もずれ込む可能性大。


月山ブルー再び
昨日の興奮も冷めやらないまま、今日はアルペン。

DSC_0012.jpg

DSC_0007_201706282227296ed.jpg

DSC_0008_201706282227302fa.jpg

DSC_0010_201706282227346b7.jpg

今日の月山は美しい。
緑と青と白の化合物。
この山だけ地上から切り離された「イース」のような世界。
ラピュタの天空の城と言ったほうが分かりやすいか・・・。

「何で平日にこういう天気になるのかな」とはあるインストラクター。
そう、週末に限って悪天候が続いている。
仕事の合間の週末に遠いこの山形までやって来て、雨、ガス、強風では本当に可哀相。

皆さんの分まで楽しんでやります(笑)。

今日は久しぶりのアルペンだったけど、かなりいい調子。
大回りも小回りもコブも。
ビデオ持ってくれば良かった。

ブーツはダルベロからまたフィッシャーに。
このフィッシャーはフレックス100だから結構曲がる。
だからコブでは具合がいい。

とにかくテレマークと比べてアルペンはコブが楽・・・(笑)。
雪面コンタクトがワンテンポ早く行える。
余裕がある。
目線も上がるからますます余裕が出る。
前は大斜面のコブではヨタヨタしてたけど、コブの色んな場所が見えてくる。

まだまだアルペンは洗練できそう。

面白くなってきた。

会心のテレマークコブ

今日はテレマーク。

久々の天候回復で久々の仕事休みで三脚かついで撮影。

vlcsnap-2017-06-27-17h44m57s996.jpg

DSC_0006_201706271849416a8.jpg




コブも整地も滑りやすい。
緩んだ雪の方がコブではコンタクトしやすいのでスピードコントロールが自由。

数日前に宣言した通り、渾身、会心の滑り。
今の俺にはこれ以上は無理というもの・・・(笑)。

小回りも撮ったつもりが録画ボタンを押し忘れてた模様。

股関節の動きはジワジワと体内に注入されてきている。
とくにこの小回りでは(撮影されてないけど)完全に内脚の太ももが雪面とすれていて、深い内径軸が取れている。
1軸の小回りしか出来なかったが2軸の運動も習得。
幅も取れる、落差もOK、あとは鋭さが必要。

ロングでは昨日やったアルペンの動きが効いている。
外脚での捉えが動画で見ても早くなっている。
だが、肝心なのはこの捉えた後の外脚の動き。
カモノハシみたいに「後ろにかく」らしいのだが、これがまだ感覚が出てこない。
「テレマークでそれが出来たらすごい滑りになる」とあるデモに教えてもらったが・・・。

コブはしっかり重心移動してトップをコブの裏から掴んでやるという位の気持ちでいった。
とにかく、これこそやりたかったというテレマークでのコブ。

今日はこれ以上ない充実した一日。

さぁ、あとは基礎スキー!

ダルベロ・スコーピオン150デビュー

DSC_0008_20170626211902883.jpg


今日はアルペン。
ダルベロのブーツを購入。
テレマークに集中していてなかなか履けなかったが今日はテスト。
天気も最悪で、小雨とガスで寒い上にコブとバーンがカチカチ。
この方がじっくりマテリアルと向き合えるというもの。

ダルベロ WC SCORPION フレックスは150。
常温ではまず履けない程、硬い。
この前持っていったが、リフト駅で脚が折れるかと思う程履くのに難航して諦めた。
今日はヒーターで暖めてから履いてみた。

意外としっくりくる。
ワールドカップ仕様なのできついが、痛くて履けない程じゃない。
今履いているフィッシャーよりもパワーの逃げがないような気がする。
体軸で骨格から荷重するようになればピンポイントで板を一瞬でたわませられる。

フォルクルのSDとダルベロの組み合わせ。
これで俺もマーカーフォルクルジャパンの一員・・・(笑)。

ただコブやるにはハイスペックすぎる。

今日は整地で股関節の使い方の復習と応用。
かぐらで群馬県デモの人から教えてもらった外脚の動きが理解できる。
捉えが早く、しっかり伸展して押せる。
俺の場合、内膝が入りやすいが今日は改善してたと思う。

コブは色々試しすぎてアップアップ。
コブも硬い。
それにしても何にも見えない・・・(笑)。

DSC_0011_20170626211904d51.jpg

リフトに乗っている間に勉強している中国語。
自己紹介できるくらいには成長した。
中国語の発音や単語、文法も英語を理解していると覚えが早い。
実際の生の会話で応用できるかは疑問だが、中国語だけでスキーのレッスンぐらいは出来るようになりたい。


テレマーク小回りも新型開発
今日もテレマーク。
もう何日連続でやっているだろうか。

昨日より痛みは軽減されたもののアバラがきしんでコブのインパクトを処理できない。
が、一日で大分回復した。
骨がくっついたか、ただの打撲だったか。
まぁ、いいや(笑)。

内股関節を畳んで引っ込めることで深い内径が取れる。
ロングでは深回りしすぎて、またコブのラインに突っ込みそうになる。
月山の大斜面でこれをやると怖い。
本気でやったらまた吹っ飛ぶだろう。
急斜面で硬いバーン、GS用のテレマークで攻めてみたい。
多分、ギュイーンと切れ込んでいくはず。

今日はこの股関節の動きを小回りにも応用してみた。
確かにディープに回っていくが、走りにはつながってないような。
もっと早い時間帯でリリースする必要がある。
ただ幅が広くとれた小回りになった。
あとは落差をもっと取りたい。

DSC_0004_20170625205736908.jpg

残雪が爆速でなくなっていく。
吹き上がる水蒸気が幽玄なシーンを演出してくれる。
俺と自然が一対一の対話をしているような。

今日は雨でまたコブがスリッピィーに。
もっと抵抗が強い雪質になればいい練習が出来るのに。

そろそろ渾身、会心の滑りをビデオに収めておきたい。


激痛
昨日の大転倒でやっちまったアバラがコブを越える度に激痛をもたらしてくれる。
きしんで涙が出そうになる。
痛みで呼吸もままならなくなる。
何をやるにしても脇腹って使ってるんだなと認識させてくれる(笑)。

今日は5本で終了。
コブのない斜面をロングしてからそのままコブという恒例の月山プログラム。

今日は完全にテレマークの進化、虎の尾を掴んだ。
ロングターンでも内股関節をアルペンのように自転車の後ろこぎの要領で後ろに引っ込める。
今まではただ前後差をつけているだけだったような動き。
多分、これからはいくらでも深い内径軸が取れると思う。

雪とのやり取りの中で外力を利用し、板をどこでたわませてどこで走らせるのか。
その為の理想的なポジションとは?

俺はやっと分かってきた。

そしてコブも開眼。
技術選のコブを見続けてたらヒントを得た。
コブの山にぶつかって小さくなるのはいいけど、更に自分の元に股関節を引き込んで、コブの山でもらった板のたわみを抜いてあげる。
「待つ」というのはこの事かも。
今まではそれをしないで板が暴れた状態で突っ込んでいた。
これも自転車の後ろこぎと同じイメージ。

もしかしたらリバーステレマークにしてなくてもコンタクトが容易になるのかもしれない。

苦戦している大斜面のコブ。
細かいラインはやはり厳しい、今のターンだと間に合わない。
テレマークの場合、前後差の切換えという余計な動作があるので荷重のタイミングが遅れる。
コブの裏つまりターン前半のコンタクトが出来なければ。

DSC_0005_20170624214839c1d.jpg

DSC_0004_201706242148389b3.jpg


振り返ってみると結構斜度もあるし落差があるし、深い・・・。
かぐらでもこんなコブやった事ないんですけど(笑)。

オーソドックスなラインでは完走できる確率が上がってきている。
今までの回しこみ、ずらしでなく、ラインは直線的に。

行ける。

脇腹の痛みが早く抜けてくれれば全開で攻めてみたい。

DSC_0006_20170624214836ec8.jpg

帰るときに見かけた来期のアトミックのS9。
これ、超欲しい!!!



Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.