FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
アルペンでひたすらコブ
今日もいい天気。
アルペンでコブ、コブ、コブ。

かぐらスキー場が閉まってスクールスタッフや顔馴染みの人も続々、月山に来ている。
かぐらでやってた時よりも身体の調子がいい。
重い雪に膝が悲鳴をあげていた五月。
早めに月山に来て良かった。

アルペンコブはまあまあ。
ブーツの通るライン、コブをナメるような脚の曲げ伸ばし、すねの角度を意識。
アルペンでのコブはテレマークよりも刺激が少ない。
でもしばらくはアルペンで引き上げてもらわないと。

今日はグローブを忘れなかった。
調子が良かったのはこのおかげ。


スポンサーサイト



しばらくはアルペン
今日からしばらくはアルペン。
テレマークはテレマークの限界をひとまず超えた。
後はアルペンのレベルアップ。
そしてまたテレマークの限界を引き上げてくれる。

宿仕事は今日は休み。
朝の9時から16時まで、昼飯抜きのぶっ続け。

今日は沢コースでロングの練習。
この宿に来ているスタッフでアルペンのコーチをやっている人から教わったテクニックを試す。
俺の課題は体軸を使ったたわみの作り方。
外軸は真っ直ぐ。
すねとすね、ももとももが平行になるように。
今日は初めて内股関節の畳みの感覚が出た。
そうすればいくらでもインサイドに倒していけるし、キレと走りが出てくる。
まあまあいい感じ。

で、問題はコブ。
テレマークで掴んだヒントをアルペンにも応用してやろうと思ったけどイマイチうまく行かない。
タイミングなのかポジションなのか。
かぐらとはまた違うコブの連続。
これは時間がかかるかもしれない。

今日は全日本のオガサカの3人組の練習をチラ見、というかラインの下でガンミ(笑)。
すさまじいの一言。
が、更に彼らの上が居るし、モーグルの世界もある。
うーん、それにしてもあの女子2人は何で俺に近付いて来たんでしょう・・・?(笑)

昨日はグローブの左と左を持ってきてしまって右手はインナーだけでストックワーク。
そして今日は・・・
どっちも宿に忘れてくるという痛恨のミス(笑)。
笑いの神が降りてくる。

DSC_0040_20170530180154420.jpg


右手も左手もインナーだけ。
しかもLEKIのトリガータイプだからただグリップを握っているだけという展開に・・・。

調子が悪かったのはこのせいかもしれない。




テレマークコブ完成
昨日は強風と強雨でレスト。
土日の宿仕事もあって10日間連続でスキーしているので久しぶりの休息。

今日は快晴。
土日だけにしか来られない人には申し訳ないくらいの青空。

DSC_0030_20170529162637239.jpg


一昨日閃いたテレマークコブの滑りを更に進化させていくのがテーマ。
外脚を差し込む角度によってターンサイズを変えていく。
バンクやったり縦に攻めたりバリエーションは広がっていく。

あれだけ苦戦していた落差のある深くてでかいコブも全てがコントロールの支配下。
今日は目立った破綻は無し。
ラインが見える。
どこにどういう風に板を当てていくのが分かる。
ターン後半のインパクトも吸収しながら次のコブの裏に逃がしていく。
多分、相当のレベルに達していると思われる。

レッスン中だった渡部浩司に「上手いですね」と言わせるほどに・・・

現時点では満足だが、問題はこの先。
もっとスピードが欲しいし、外に出していく滑りに進化させたい。

またアルペンの出番になる。

それにしても今日は種類の違うグローブの「左」と「左」を持って来てしまう痛恨のミス・・・(笑)。

DSC_0027.jpg


こういうお馬鹿な性格は直らない。

壁が壊れていく
昨日やったアルペン。

仮説が一つ出来上がっていた。

アルペンでは吸収して小さいまま、コブを越えて伸展していく。
テレマークではどうだったか。
コブを超える時にニュートラル、そして外脚が出て伸展という流れ。
これではタイミングが早すぎたのだ。
今年覚醒した大回りの要素と同じ。
つまりリバーステレマークのままコブの裏に入っていく。
外脚(次の内脚)を差し込んでいく。
自然と外腰が出ていって伸展がかかる。
無論、滑らかな重心移動が肝であるが。
ターン前半がきちっと作れるのでターン後半の吸収がイージーになる。

DSC_0025.jpg


今日は仮説通り。
完璧とまでは行かないが、ほぼ満足できるテレマークコブ。
こういう滑りがやりたかったんだという物を今日は体現できた。
かぐらと月山でぶつかった壁が壊れていく。
余裕が生まれ、目線も高い。
ラインも理想的。
感極まり、ガッツポーズ!
こういう瞬間の為に俺は生きている。

壁は越えた。
だがこれが始まり。
バリエーションが頭に浮かんでくる。
今までの課題もミックスして取り組んでいこう。

週末は月山は大賑わい。
全国からこの東北の地にスキーヤーがやって来る。

DSC_0023_20170527214502128.jpg

DSC_0026_2017052721450212b.jpg

そして今日はかぐらスクールの知り合いと一年ぶりの再会。
久しぶりなんだけど久しぶりじゃない。
揺れ動く。
月山は不思議な場所・・・。
いや、俺が不思議な存在なのかも・・・(笑)。

今日はアルペン
予定通り今日はアルペンを選択。
相棒はこちら。
フォルクルプラチナムSD165cm 2015年モデル。

DSC_0022.jpg




やっぱりコブは両足を揃えて滑った方がいい・・・(笑)。

コブの山にトップを当てたり、テールジャンプしたり色々試してみた。
重心移動が足りないのはアルペンでも同じ。
地球に垂直じゃなくて斜面に垂直じゃないと。

テレマークだと不安だった落差のあるコブもアルペンだとあっと言う間にクリア。
なんなんだ、この差は。

おそらくこれがテレマークがぶつかっている壁を壊すキーポイントになる。



テレマークコブの修行が続く
今日は休みでテレマークの修行。

9時半に滑り出して、気づいたら16時過ぎ・・・(笑)。
昼飯も食べずにコーヒーで済ます。
おかげさまでテレマークはある程度まで来た。
が、全然技術が足りない。
コブの裏に突き刺すように落として行きたいのにバランスが悪い。
滑らかな重心移動の量と方向がマッチしない。
これ書いてて思い出したが、膝の向きを返していくのを今日完全に忘れていた。
くそっ!

DSC_0017_20170525194808302.jpg


例年と比べて斜度がある感じがするのは気のせいか・・・。
もっと滑りやすいコブの連続だったような・・・。

常日頃、テレマークコブの参考にしている動画はこちら。
これに比べたら俺のテレマークコブは話にならない。
あとは基礎の技術選のコブをテレマークに想像して見ている。



自衛隊の訓練だろうか、月山でレンジャー風のテレマーク部隊が練習中。

DSC_0018_20170525194809886.jpg

ウロコ付きの板でスイスイと登っていく。
あまりテレマークポジションは取ってなかったけどアルペンスタンスでこれまた流れるように滑降していく。
正直うまいし、カッコイイ!

俺もそれにあやかってテレマークポジションを捨てて、アルペンスタンスでコブへ。
やっぱりコブは両足を揃えて滑った方が楽だと改めて分かった(笑)。

夕方には雨もあがり、水墨画のような風景。

DSC_0019.jpg

テレマークの壁はアルペンが崩してくれるだろう。
明日からアルペンだ!

かぐらからのテーマ
吸収、重心移動、伸展による雪面コンタクト。

今日はこれを呪文のように唱えながらトレーニング。
雨の中だったが、充実。

DSC_0015_20170524222943a8d.jpg


特にテレマークでも基礎と同じようにスタンスはぴったりくっつける。
ももともも、膝と膝、すねとすね、ブーツとブーツがぴったり。
テレマークは前後差があるが、スタンスは狭く、狭く。

谷脚の股関節を緩めて衝撃を吸収し、重心移動。
山側の手は引けないように谷側と平行に。

昨日の動画では雪面コンタクトが弱かった。
ポジションも高い。
コブの頂点ではもっともっと小さく、小さく。
かぐらからのテーマだったはずだ。

身体も調子が戻ってきた。
動ける。

Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.