FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
かぐらコブ選手権


前走の3人の同時スタート。
粟野利信・西村斉・渡部浩司。
これは貴重です(笑)。

前日に和田小屋に泊まって朝の6時から大会準備・・・。

20170429202847-1.jpg
早朝6時の万歳・・・(笑)。

20170429202935.jpg

自然コブに近い大会バーン。
これを考案したのは粟野校長。
人工的なラインコブよりもこっちの方が自然。
さすがです。




スポンサーサイト



テレマークコブ動画


今日も午前基礎、午後テレマーク。
これでこのプログラム4日目・・・(笑)。

基礎はやっぱりコブ以外はいまいち。
どうしてもポジションがつかめない。
誤魔化してはいるが、中身は無いのが今の状態。
来シーズンへの進化の為、今からやっていく。
今の自分を完全にぶっ壊し、一から作り上げていく。
しかし、基礎はやればやるほどイライラして来る・・・。

午後からテレマーク。
今日は三脚での撮影。



コブ中心に練習。
テレマークやってきた半生の中で今日がベストのテレマークコブ。
俺が意識するよりも脳の奥の方で勝手に俺を動かしている感じがする。
ただ左手の巻き込みはもう一生治らない・・・。

来月から月山で毎日これやるんだろうな・・・(笑)。

昨日の原因
今日も午前に基礎、午後にテレマーク。

基礎は完全に一から。
まず斜滑降。
そしてプルーク。
骨盤を開いてミゾオチ辺りに支点を持っていく体軸を作りたい。
身体の硬さも気になる。
風呂の後は腹筋を少々というのがいつものメニューだが、ストレッチも加えることに。
こういうベーシックな所から入っていくと俺がまだスキーを押せるポジションが分ってない事に気付く。

どこでどう押せば板がたわむのか。
テレマークでは本能が理解してくれる部分。
基礎でこれが出てくれば化ける可能性もある。
なにせこの踵が固定された変てこなスキーは4年目。
そう焦る事はない。

午後からテレマーク。
雨も降り出した。
雨はいい。
汚いものを洗い流してくれる。
ベトベトの春雪がシュンシュン滑るバーンに変貌。
全身ずぶ濡れだけど、俺には関係ない。

テレマークはロング、ショート、コブと攻めまくる。
特にロングとショートは今までグサグサの雪だったので新鮮な感覚。
基礎でやっている骨盤を開いて、というのは試したけどどうだったのか、分らない。
ただロングもショートも後半の圧をもらって次のターンにつなげる動きはレベルアップしている。
何で普通のスキーを履くと、これが出来ないのだろうか?(笑)

コブは昨日の反省を生かした。
レッスンでも散々言っている事なのに、ターン後半の曲げが足りなかったのだ。
曲げられながら落とす。
これを守ればどんなコブでもクリア出来る。
バンク、縦、深回りと攻め方も色々変えてみた。

それにしてもテレマークは目立つ・・・(笑)。

テレマーク悲喜こもごも


昨日に引き続き、午前基礎スキー、午後テレマーク。
基礎は大回り、小回り、コブ。
三脚を立てて撮影。



大回りは最悪。
外脚は折れ曲がり、内脚はX脚。
内径軸すらほとんどないシルエット。
今まで何をやってきたのか・・・泣きたくなる。
寮に帰って、山田卓也の畳レッスンというDVDを繰り返し見ている。
本当に一からやり直さなくてはならない。

完全に見失っている。

恥ずかしいからコブだけどうぞ。
コブはその分、なかなかの出来に仕上がっている。
これだけ縦に行けるようになったのはここ数日。

昼の後はかぐらエリアに上がりテレマーク。
昨日よりは足裏感覚は戻ってきている。
そして再びコブへ。
尻上がりに調子が悪くなってしまった・・・(笑)。
感覚がおかしい。
コブのラインを見ても昨日は予測できたが、今日は弾かれるイメージしか見えない。
現に何度も弾かれ、何度も転倒。
昨日クリアしたテクニカルコース下部も綺麗に出来たのは一本のみ。

やっぱりまだ本物ではなかったという事なのか。

基礎もテレマークもまだまだ未熟だと思い知らされる。

テレマークの解放
午前中は基礎、午後からテレマーク。

基礎はターン前半の捉えを意識した。
ピタッと張り付くような感じで。
後半から前半の切換えで体軸を一つにする。
まあまあ良かった。
クラウン諦めてから伸び伸びやれるようになって、レベルが上がっているような気がする。
小回りはターン中の圧変動を変えないように意識。
特に後半での強い圧はNG。

午後からテレマーク。
もうグサグサで重い、スーパーウェットなバーン。
こんな状態なのでコブしかない。
コブは見違えるような動き。
かぐらのコブは大きく、深い。
そんな中でも縦に攻めて行ける。
ポイントはコブの裏でのコンタクトもそうだけど、コブの頂点に向かっていく中でしっかりと圧を吸収出来たこと。
横隔膜がへこまされていく感じ。
テレマークでテクニカルコースの下部をスムーズに滑ることはずっと目標だったけど、今日はあっさりとそれを達成。

あれ、思ったほど感動がない・・・(笑)。

SIAデモ選以来のテレマーク。
こいつのポテンシャルはまだまだ未知数。
俺が引き出す。

春モード
PT370055.jpg

スクールに居るとなかなかテレマークを履く機会はない。
受付、レッスン、片付け等々・・・。
ゲレンデはグサグサ状態が続く。
午後になるとズブズブと潜っていくやっかいな雪。
朝一のやや締まったバーンでしか今の研究テーマを解決できない。

たまたま見つけた雑誌の写真。

DSC_0070.jpg

フラットからのターン前半の内径。
この前のSIAデモ選の写真をこの写真と比べてみる。

43MJ7A2554.jpg
ターン後半
46MJ7A2557.jpg
フラット
49MJ7A2560.jpg
ターン前半
56MJ7A2567.jpg
ターンマックス1
60MJ7A2571.jpg
ターンマックス2
63MJ7A2574.jpg
ターン後半

基礎の選手と比べると前半の内径が弱い。
テレマークは深い内径を作ると内膝が雪面と干渉してしまうが、この写真を見るともっとグッと入った方がいいかも。
股関節支点じゃなくみぞおち辺りに支点を持っていきたいけど・・・。
基礎スキーも足りない部分はここ。
フラットから前半の捉えの部分でピンと伸びた体軸の構築が出来ない。
前半の内径と後半の外力と釣り合うポジションがまだ駄目。

あと少しのような気もするし、まだまだ遠くにあるかもしれない。
とにかくあせらずにじっくりと向き合えばいい。


女子の2位?
やったー!
群馬県鹿沢スノーエリアで参加したホワイトカップの草技術選で2位の賞状が届きました。
プライズテストを兼ねたこの大会、惜しくもクラウンは成らずでした。
クラウンは取れなくても、女子の2位に選ばれました。
確かに俺の名前は「ナナミ」
でも「女子」じゃない(笑)。
表彰式及びプライズの結果発表を待たずに帰宅したけど、その場に残ってたらエライ事になってたような・・・。

KIMG0328-1g.jpg
KIMG0328-1gg.jpg

今年4回チャレンジしたクラウン奪取は成りませんでした。
これから続く月山、乗鞍で鍛え直して来ます。

Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.