FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
確かな手応え
今日の休みもひたすら基礎練。
朝8時にはリフト、昼休憩を挟んで午後4時まで。
午後はテレマークにチェンジするつもりだったが、終日基礎。

テーマはターン前半からのストレートな体軸の構築。

その為の内脚の股関節のたたみ方と外脚の股関節の伸展。
よりターンインサイドに上体は向き、内傾角度を深められるように。
結果、板はカービングして内に入ってくるがトップを押さえ続ける事で更に抵抗とたわみが得られる。

外腰の伸展により前後差はほとんどない。
それにしても本当にテレマークチックなアルペンになってきた感じがする・・・(笑)。

この練習中に全日本技術選から帰ってきたレーシングスクールの松本聖からアドバイスを頂く。

車で言うとギアの変速ショックが全くない上級のドライバーのように切換えしでスムーズな重心移動を起こす為のテクニック。

今ままでは圧をタメて発射という流れ。
ここで無駄な上下動が出ていたと思う。
基本はこれだが、パーツ、パーツでの動きになっていた。
もっとワンモーションで一連の運動に変えていく。
圧をどこで解放するのか、どこまで引っ張るのかは俺のセンス次第。

早ければ板は走らない、遅ければ山に切り上がる。

基礎スキーはこの数日で劇的に変化してきた。
きっかけはたまたま一緒に滑った明治大学のA君のアドバイス。
スキーの課題の解決には不思議な所に出会いやヒントがある。


スポンサーサイト



Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.