FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
目覚め


昨日と今日は休み。
ひたすら基礎練。

かぐらエリアは暴風雪。
ちょっと待て、今は3月後半・・・(笑)。

DSC_0006_20170322172317f2b.jpg

DSC_0003_20170322172316e54.jpg

ようやく大回りがしっくり来るようになった。
ポイントはターン前半の骨盤の動かし方。
重心移動もS字を意識したスムーズな流れ。
右外脚のモーションが小さかった問題もクリア。
手の位置も前よりはダサくない。
後はターンをどこまで引っ張るかという課題。
山回りでのインパクトもテーマだ。

今日は何となく眼が啓いたような感じ。

月曜日にはテレマークコブ。
コブが深くなってくると回旋ベースよりは吸収ベースの方がいいのかも。
いくら雪面コンタクトを保とうしても深くて狭いと回転が強くなってしまう。
だったらターン前半のコンタクトを敢えて無視して溝にトップをぶち当てて、たわませてスピードコントロールする方法がいい。
テレマークコブはまだまだ進化する。

4・5月のかぐら、6月・7月の月山が楽しみ。

生みの苦しみ
今日からまた基礎スキーの日々。

何個もあるテーマと課題。
どれか意識するとどれか忘れる。

苦しい。
はやくこの苦しみを抜け出したい。



3週間振りのテレマーク
クラウン獲ってからテレマークのつもりだったが、今日はテレマークレッスンデイ。
久々のテレマーク。
基礎スキーの進化がこいつにも伝わっているだろうか。

大回り、小回り、コブともレベルアップ。
雪とのやりとり、外力とのやりとり、重心の位置、外脚の動かし方。
更に上り詰めた感じはある。

最後にコブの撮影。



右ターンがひねりすぎてダサい。
左外脚の回旋のタイミングが早い。
もっと雪面とのやりとりをしないと。

レッスン中にロストアロー勤務時代の同僚Tさんに出くわす。
彼もテレマークの指導員でパウダーステーション主催のテレマークレッスンのガイドで来ている。
雪の上で会うと何故か、ついこの前まで一緒だったような錯覚に陥る。
彼と会うのは実は20年振り以上・・・(笑)。


パウダー&基礎
午前中はフリー。
パウダーで遊ぶ。

PT370038.jpg

PT370039.jpg

パウダーのレベルも前とは比べ物にならない。
というかまだまだパウダーで遊べるとか、すごいエリアだと思う。

午後はテレマークでコブをやろうと思ったがレッスンでノーチャンス。
レッスン後に基礎ロングを撮影。



ちょっとまだ思い描いていた理想まで届いていない。
何が足りないのかな・・・。

確かな手応え
今日の休みもひたすら基礎練。
朝8時にはリフト、昼休憩を挟んで午後4時まで。
午後はテレマークにチェンジするつもりだったが、終日基礎。

テーマはターン前半からのストレートな体軸の構築。

その為の内脚の股関節のたたみ方と外脚の股関節の伸展。
よりターンインサイドに上体は向き、内傾角度を深められるように。
結果、板はカービングして内に入ってくるがトップを押さえ続ける事で更に抵抗とたわみが得られる。

外腰の伸展により前後差はほとんどない。
それにしても本当にテレマークチックなアルペンになってきた感じがする・・・(笑)。

この練習中に全日本技術選から帰ってきたレーシングスクールの松本聖からアドバイスを頂く。

車で言うとギアの変速ショックが全くない上級のドライバーのように切換えしでスムーズな重心移動を起こす為のテクニック。

今ままでは圧をタメて発射という流れ。
ここで無駄な上下動が出ていたと思う。
基本はこれだが、パーツ、パーツでの動きになっていた。
もっとワンモーションで一連の運動に変えていく。
圧をどこで解放するのか、どこまで引っ張るのかは俺のセンス次第。

早ければ板は走らない、遅ければ山に切り上がる。

基礎スキーはこの数日で劇的に変化してきた。
きっかけはたまたま一緒に滑った明治大学のA君のアドバイス。
スキーの課題の解決には不思議な所に出会いやヒントがある。


大回り・改善の兆し
やっと不動車だった俺の愛車「Z」が引き取り修理へ。
かなりシュールな絵だったので思わず撮影・・・(笑)。

DSC_1076_20170314191540dbe.jpg

DSC_1078.jpg

DSC_1083.jpg

そして今日の午後には修理完了との事。
またあの悪夢が蘇らなければいいが。

休みの今日は朝から雨。
車の引き取りもあったので休養にしようと思ったが、だんだんと雪に変わっていく。
漫画読んだり動画見たりするだけじゃもう時間が潰せない。

引き取り終了後、とっとと準備して山へ。

昨日ヒントを掴んだ外腰の伸展。
さらに今日は両腕の位置の矯正。
両腕が開きすぎなので上体が起きてしまうし、腕の振りが大きい、過度な外向傾に見えるとの指摘。
これ、全部明治大学のスキーサークル「ロンドール」の2年生、A君のおかげ。
かなり改善されてきた。

「良くなりましたよ」

20歳以上も下の君に言われたくないわ・・・(笑)。

彼はコブがダメすぎて入れなかったのを昨日の自分のレッスンに帯同させ今日もコブを指導。

「おかげでコブに入れるようになりました」

そうそう、その謙虚な心が大事なのよ・・・(笑)。




クラウン検定動画アップ
やっと熱が治まった。
シーズン中2回目の発熱。
やっぱり疲れてるのかも・・・。

昨日は相当ショックだった。
が、一日経ってみるとそうでもない。
というか早朝出発して、クラウン検定受けて、夜帰って来る。
それを悪寒と高熱の中でやってきたので何か夢を見ていたような気がする(笑)。
でも現実は現実。



動画で見るとそれほど悪くはない。
切り換えで無駄な上下動が出ている。
固定カメラなので細部まで見れないからどの程度のX脚なのか分らない。

ここに来て基本中の基本が出来てない自分に腹が立つ。

PT370037.jpg


そして今日から再びスクール。
明治大学の2年生が俺の先生・・・(笑)
そいつから大回りのコツを掴んだ。

外腰、外股関節を板の回転方向に押し出してやる。
ターン後半では板の前後差がゼロになる位にまで外脚が出る。
ん?
これはテレマークそのものじゃね?
俺の一番の得意分野ならもう誰にも負けない。

X脚の脱却。
今日はもがいた。
もがけばもがくほど深みにはまっていく・・・。
良い位置が見つからない。

動画も撮ったがダサすぎて載せられない。

その反動なのか小回りとコブは更に冴えていく。
ちょっと待て、こいつらは俺の一番苦手な種目だったはず(笑)。

次回のクラウン検定のターゲットは4月2日(日)のアサマ2000。
そして翌日の4月3日(月)に志賀高原のSIAテレマークデモンストレーター選考会にオープン参加する。


Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.