FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
夕焼け劇場
スキー動画研究にタブレット導入。

これで売店やっててもデカい画面で動画見まくり。
SONYのタブレットは音がいい。
漫画も本も読める。

忙しい週末も終わり。
スキーには行けないけど休憩時間には60分ほどのトレラン。
徐々になまった体が締まってきている。
だけど最強だった身体だった佐川マン時代には遠く及ばない。
もっともっと苛めていく必要がある。

今日は夕焼けがきれい。
小屋スタッフ全員で記念撮影。

IMGP3250.jpg

IMGP3269.jpg


スポンサーサイト



覚醒への兆し
DSC_0224_201607292038068e6.jpg

今日の雲海は高い。
南アルプスや八ヶ岳よりも高く波立っている。
昨日の覚醒の興奮も続く。

昨日のコブ動画をずっと見ているとコブの地形に合わせて足が伸びている。
練習してきたのはこれを整地の小回りに応用する事。
しかし、今までほとんどいい感覚を得られずに時間が過ぎている。

ターン前半という事にとらわれすぎて雪面とのやり取りが抜けていたと思う。
無理やり押し出そうとして角付けが強まりスキーを動かせなかったのでは・・・。
そもそも雪渓がボコボコなのでスキーがひっかかる要素が満載していた。
更に言えば、この雪渓のどこに整地があるのかと言いたくなるが…(笑)。

ターン前半ではスキーの向かう方向に一緒に動いて十分にコンタクトしてから動かしていけば良いのではないか。
デモの小回りを見ても、足が伸びているのは後半のように思える。

昨日のコブがきっかけ。

試す機会はこの乗鞍にあるだろうか・・・。

間違いなく言えるのはこれでまた進化が訪れるという事。
アルペンに、そしてテレマークにも。

今日は出陣できず。

今日の散歩中に見つけた「白い」ヨツバシオガマ。
これは珍しい!

DSC_0227_20160729203813ae2.jpg

これは何の花?

DSC_0225_20160729203808ad8.jpg

休憩中に作ったピザパン(笑)。

DSC_0220.jpg


明日は大混雑の日。
多分、乗鞍は今シーズン一番の賑わいだろう。


コブの覚醒来た!
今日で今まで練習していた雪渓は終了。
ガラ場を超えて奥にある雪渓に移動。
こちらは急斜面でまだまだ雪がある。
一般の人もこっちに来ているみたいでコブのラインもいくつかある。

コブライン以外はボコボコ。
小回り練習は出来そうにない。
仕方ないからコブのラインに入ってみると・・・。

覚醒しました。

神が降りてきました。

俺ではない俺が滑ってます。



The Road
DSC_0217.jpg

DSC_0218.jpg

この一歩一歩が何かにつながっていく。
そう思わないとこの苦行はやってられない。
槍ヶ岳でも立山でも月山でも担ぎ上げでハイクアップする時はいつも同じ心境になる。

今日もアルペン小回りの練習。



いつになったら覚醒するのか、イライラしてきた。

上下動はなくなってきたものの、今度はスキーが横に出ていかない。
イメトレではすんなりいく。
現実は厳しい。

こちらの雪渓がそろそろ終焉。
向こう側の雪渓がまだ健在なのだが、長続きはしない。

石垣ボルダー
時間を持て余す時は小屋の石垣を使ってボルダリング。

DSC_0212.jpg

DSC_0211_20160725200553c9b.jpg

これでも大学生時代は横浜のクライミングジムに週4で通ってた俺。
フリーもボルダーもなかなかのレベルまで行ってたんだけど、大学の先輩の遭難死で登山やクライミングへの興味が薄れてしまった。
その時に出会ったのがテレマークスキー。
登山の為に始めたテレマークが何故かゲレンデ中心の活動に・・・(笑)

クライミングはかなり久しぶり。
クライミングシューズ持って来れば良かったと思う位、刺激的。
クライミングの重心移動はスキーのそれに似ているし、バランスや体幹の感覚に役立つからだ。

今日もアルペン小回り。
かなり前後に動けているが、上下動しすぎている。
重心は低いまま、足を外に動かしたい。



少しずつだが、「糸」を手繰り寄せている感覚はある。

アルペン小回り

DSC_0210.jpg

今日の雲海はなかなか。
但し、御来光には間に合いません・・・(笑)

今日の大雪渓はコブでもスラロームでも整地でもない変なバーン。
土日はレーシングチームやら一般のスキーヤーやボーダーでごった返している。
自分たちがいつも滑れるのは午後3時以降夕方までの約2時間。
日中に居た人たちの練習跡をそのまま利用させてもらっている。

この時間に費やせるものは全て残していく。

今日の発見はアルペンの小回り。

ターンの早い時間で外側に伸ばしながら雪面をとらえ、もらった外力で次のターンの前半につなげていく。

切り替えでは重心は低いまま。
返ってきた板が足元を通って次のターン前半を迎える。
ここまでがワンストローク。

コブでは一昨日、その滑りが出来た。
それは動画でも確認できる。

問題は整地の小回り。

これと同じ原理なはず。

月山で見たデモ達や技術選DVDの見よう見まねでここまで来たが、今日は感覚と滑りがリンクできた。
もちろん整地とは言えないボコボコバーンだけど一つ、頭に「跡」は残せた。

ターン前半で捉えればコブでは地形が勝手に板を走らせてくれる。
整地では自分でその場面を作らねばならない。

アルペンレベルアップ

DSC_0201.jpg


今日もいい天気。

一日でレベルアップ。
自分でも不思議な気がするが、これが俺なんだと思う。

昨日の課題は全て頭に入れてイメトレ。



今までで最高に板が走っている。

課題だった内足の感覚が生まれつつある。
この足裏感覚が育てば・・・。
Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.