FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
サブ板
折れてしまったものは仕方ない。
今日からサブ板のatomicのノマド164cmで月山。

大回りはめちゃくちゃ不安定。
コブはしなりが弱いからたわまない。

それよりも昨日出来ていたコブが上手く入れない。
イライラする。

明日から気分転換にアルペン始め。

スポンサーサイト



板が折れた!
ロッテフェラーNTNビンディングの宿命、いや俺の脚力の宿命。

また板が折れました・・・(笑)

DSC_0109.jpg

DSC_0110_201605301616470c4.jpg


コブの溝に向かって板をたわませる今の滑りは板への負担が大きいのは確かだが。
そもそもこの板は既に昨年から剥離が始まっていたのである程度覚悟はしていたものの、やっぱりショック。

明日からはアトミックのノマド164cm、NTNで出陣するしかない。
小回りやコブにはいい板だが、どうなるか分からない。

DSC_0111.jpg


昨日、完成に近づいたコブ滑りの完成度を更に高めていきたい。
どんなコブでも長い距離を一つのミスもなく滑りきりたい。

そして出来ることならスピードを高めたい。
今の50%増しくらいまでもっていければ、「極」に近づける。

アルペン練習はもうちょっと後かな。



レベルアップ
週末の宿仕事はすさまじい。
少しでも空いた時間があれば月山に繰り出す。
10分もあるけばそこは未だ白銀の世界。

DSC_0106.jpg


やっと理想だったテレマークでのコブ滑りが出来た。

溝でテレマークポジションのまま横に板を走らせ、重心移動を行い、前後を入れ替えながら、角を外し、コブを抜けたら次のテレマークポジションに移行しつつ、次の溝に向かって縦に突っ込む。
溝に直線的に板を当てていくと溝との間で板がたわむ。
その板のたわみを利用して横に板を走らせていく。

テレマークポジションのまま骨盤を前に立てていくイメージで行くとうまくいく。

難しい技術。
アルペンでも届かなった領域にテレマークが近づいた日。

雪面コンタクト、雪面コンタクト。

入山から数えてテレマークオンリー、9日目。
そろそろアルペンの練習に切り替える時期か・・・。



トップ&テール
今日でテレマーク何日目だ・・・?(笑)

トップでとらえテールで抜ける。

トップでとらえテールで抜ける。

先週、かぐらで自由人として基礎スキーに集中していた時にこれを念頭に置くと苦手だった小回りがスムーズになる事が分かった。

テレマークでも同じ。

トップが通った所をテールが抜けていく。
前後に重心を移動させテールを縦に押し出していく。
その時にやや回旋させると更にコントローラブルな滑りになる、と思う。
板が身体から離れていき、きれいな内径軸ができる結果、板がたわんで回転力と推進力をもたらしてくれる。
テレマークの場合、外足はかかと荷重が出来るのでいいが、内足の踵が浮いた状態で前後に移動させるのが難しい。

月山ではコブだけでなく、整地の大回りも小回りも練習できる斜面がある。
実は今日の小回りと大回りはこのトップ&テールの動きをすっかり忘れて練習してた事に今、気づく・・・(笑)
ひとつに囚われるとひとつ忘れる・・・、くそったれ!

忘備録の為に記録しておこう。

今日は粟野校長、西村斉副校長、他、かぐらスキースクールの月山キャンプの面々と再会。
少しは成長したテレマークを見せられたかも!
雨の月山
1週間ぶりの休み。
しかし月山は雨とガス。

DSC_0104.jpg


ここ数日で一気に雪が消えていった・・・。
リフト乗車もスキーを外さなければならない。
スプーンカットはあるし、雪は硬いし。

テレマークのコブはアルペンでも同じだけどコブの裏に板を張り付かせるかどうかにかかっている。
的確なアンギュレーションとテレマークポジションでコブを抜けだして前後を切り換えながら早い時間で雪面コンタクト。
テレマークのコブやっている人はコブの出口でアルペンポジションを取る人も多いけど俺はテレマークポジションにこだわる(笑)。

これが出来る時は余裕があるし、スピードコントロールした滑りになる。
ターン後半に圧が集中してしまうとオーバースピードになるし、身体への負担も大きい。

1週間かかってやっとこれだけの感覚を取り戻せた・・・(笑)。
まだまだ完璧じゃないけど。

コブを抜け出す方向をもっと縦方向にもっていけたらいい。

明日も明後日も明々後日もテレマークできる。




月山5日目
今日で5日目。
初日からオールテレマーク。



忘れていた感覚が戻って来つつある。
溝の手前で踵に荷重を移し、スピードコントロール。
そうすればまたターン前半で仕掛けていける。

テレマークやりすぎなのと朝6時からの宿仕事でクタクタ。
昨日は太ももの軽い肉離れ、今日は無理して腰が…(笑)

それでもこの環境は誰もが羨む恵まれたもの。

とにかく今はテレマーク、テレマーク。

月山入山

山形の月山到着。

DVC00125.jpg


早速、テレマークで出陣。

コブはまだ理想の域まで行かない。
それでも昨年の月山よりかはマシ。
ロングとショートは基礎スキーで苦しんだ分、ウルトラの域。

月山ではテレマークオンリーで頑張ってみようかな。

それにしても死ぬ程目立つな、このテレマークは・・・(笑)

夕方から早速、宿の仕事。
ホテルチックな感じがミスマッチしている印象。

とりあえず毎日数時間は滑れる。
周囲のスキーヤーがドン引きする位、滑り倒します!
Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.