FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
意識革命
現在かぐらスキー場内の和田小屋宿泊中。
明日のコブ選手権に向けての準備に追われる。
日中から雪だし、雪付け、スコップ片手に土方作業の1日。

夜は熱くスキー技術の話。
苗場から来られている花岡さんにひたすらポジションやスキー運動について語り合う。
二時間位かな…。

今までやっていた自分のスキーが全く話にならない程の低レベルだと気づかされる。

出発点から大きく道を逸れていた。

クラウン検定で整地種目が点数が出ない理由が判明した。

俺は全くスキーの事を分かってなかった…。

今日は完全に世界がひっくり返った夜となった。

テレマークも基礎スキーもこれから爆発的に伸びていくはず❗
スポンサーサイト



クラウンならず

今シーズンの最大の目標、クラウン検定。
会場はシャルマン火打。

ウェアを替えてみました・・・(笑)

DVC00096.jpg

バックは火打山の右の焼山。
火打はさすが百名山。
まだ登ってないけど、スキーで行ってみたい。

DVC00094.jpg

今回も合格に至らず、80を出していたコブも79で撃沈。
シャバシャバの雪ではどうしてもスキーが動いてくれない。

フリー79 ロング 78 ショート78 コブ79

DVC00097.jpg

練習ではいい動きが出るんだけど、やっぱり厳しい。
40人受けてクラウン合格者はゼロ、テクは20名程受けて2名の合格者。

来シーズンへの挑戦は始まり、ポジションを一から作り直す。
技術的な問題もはっきりしてきた。

シャルマン火打を降りてくると地元の能生で「能生祭り」に出くわす。
日本の伝統って本当にすげ~。

DSC_0084.jpg

DSC_0fefefe085.jpg

DSC_0eee088.jpg

DSC_fefe0081.jpg

DSC_0078.jpg




DSC_0096.jpg


舞楽が数時間続き、最後のクライマックスを迎えた時の動画

[広告] VPS


シャルマン火打でクラウン受検決定
シャルマン火打でクラウン受検決定。

火曜、水曜の休日に滑りを追求した結果、ある程度まで来たと思う。
昨日の滑りもスタッフに言わせると「デモと遜色ない」との事。

今日の午前中は粟野校長自ら、自分のクラウン検定講習。
自信がついた。

シャルマンに問い合わせてみると「(プライズは)やります!」だそうだ。
ここのスキー場は初めて行くし、日本海を見に行くと思えば気が楽だ(笑)。
くしくも受験日はシャルマン火打の営業最終日。
やるしかないでしょ!

午後はタイから来たご家族のプライベートレッスン。
スキー初めての3人。
宿泊先は長野。
わざわざ長野から自分目当てで来てくれた?

みつまたエリアは既に雪無しなので上部のかぐらエリアまで連れて行かなければならない。
つまり、みつまたエリアを経由してゴンドラに乗って、ゴンドラコースを降りてきて、またスクールに戻ってこないといけない。
レッスン時間は2時間、絶対無理だろ・・・(笑)

結局3時間かかってしまったけど、プルークターンまでマスター。
大満足してもらえたようで、特に子供はまた「ナナ」に会いたいと言っていたそう(笑)。

スキー初心者にスキーの楽しさを伝えてるのは最高に楽しいし、それが仕事になるのは本当に恵まれている。

13087398_1159843557380376_2646105154122696946_n.jpg 

13076674_1159843600713705_313631767467066990_n.jpg

13087705_1159843677380364_7209582416360178327_n.jpg

13062179_1159843500713715_8719634685664566780_n.jpg

それにしても自分の噂がアジアに広まっていく気配があるけど、まさかね・・・。


クラウン受けるか受けざるべきか・・・
昨日と今日は休み。
例によって朝イチから終わりまでフルに滑りまくる。
いつもはテレマークだけど、2日ともアルペンの練習をしてしまった・・・。

練習の成果なのか不思議と1日経つと感覚が研ぎ澄まされていく。
大回り、小回り、コブと全般的にレベルアップ。
特に課題だった小回りが「まあまあ」という所まで来た。

問題は雪質が変わった後のザブザブの雪での大回り。
あと左手の動き・・・。
絶対にこいつだけは直してみせる!(笑)

今週のクラウン検定は受検か未定。
条件がよければ行けそうな気がするが、雪質が気になる。
というか雪不足で大丈夫なのか、シャルマン火打は。

写真は今週末で終了する第5ロマンスリフト、通称5ロマ。
天然コブはテクニカルコースのラインコブよりも断然滑りやすい。
テレマークみたいに縦にいってトップを詰まらせたいんだけど難しい。

DSC_0064.jpg 

DSC_0062.jpg

DSC_0066.jpg


課題の小回り
全面運休明けに上がってみると雪は更に減少。
昨日の強風と豪雨によってみつまたエリアはすっからかん。

かぐらエリアも厳しくなってきたようでGWまで持つかどうか・・・。

で、今日も小回りの研修。
二日酔いの西村斉さんを連れてアドバイスをもらう。

ダメダメの小回りといい時の小回りの差がありすぎる。
というか小回りというターン自体を理解してない自分にイライラする。
巻き込む癖の左手も治らないどころか悪化してるし・・・。

先輩に言わせると「テレマークの癖が出すぎ!」だそうです。

こりゃ当分ダメだな。

午後は台湾人のプライベートレッスン。

13016409_10209130315162064_101816124_o.jpg 

スキー初めての2人だったけどゴンドラコースをプルークターンで降りてこられるまで成長。
この前のタイ人も台湾の人も香港の人も今日の台湾の人もFACEBOOKやメールで感謝の言葉を送ってくれた。

13036566_569669663196271_871357586_o.jpg 

もしかしたらこれは本当に大きなビジネスになっていくのかもしれない。

それにしても今日の台湾の女の子・・・。
アイドルかモデル?

12993563_10204800333086736_1269993573291092223_n.jpg 


全面運休
今日は強風の為、全面運休。
日曜なのに・・・辛すぎる。

13012662_862123883914933_5759550052250888499_n.jpg 

自然相手に悔やんでもしょうがない。

寮部屋にひきこもり、ひたすらスキー研究。
自分と丸山貴雄の滑りは何が違うのか・・・(笑)

DSC_0057.jpg 

自分の滑りを見ると本当にがっがりする。
(テレマークじゃないよ)

ひとつひとつ改善していかないと。
来週のクラウン検定はまだ受けるか迷う。
来年に持ち越すか玉砕覚悟で臨むか・・・。


テレマークコブ
クラウン検定の為のアルペンでのコブ練習。
知らぬ間にそれがテレマークコブを見違えるほどに進化させてくれた。

縦でもバンクでも行ける。
コブの中で板を走らせることも可能に。

重要なのはコブの裏に如何に張り付かせるか。
テレマークは切り替えがあるのでそれが異常に難しい。
前後差を切り替えつつ、重心移動を行い、ターン前半を作っていく。

そのターン後半には完璧なコントロールされた状態で山回りに入っている事が必至条件。
こうやって書いていくとすごく難しい事してる気がする・・・(笑)。

かぐらゴンドラの中では群馬県デモの倉林さんに質問攻め。
自分の基礎スキーの技術や知識、経験はこういう人たちには全く及ばない。

だんだんと技術論がリンクされてきてスキー操作に現れるようになってきた。
基礎スキーの話ではあるが、不思議とそれはテレマークの技術向上につながっていく。

とにかく、テレマークのコブは雲の上を突き抜けたと確信。







Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.