FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
大回りの進化
休憩時間もテレマーク。

休みの日もテレマーク。

毎日がテレマーク・・・(笑)

DSC_0117.jpg



新たに生まれつつある滑りの進化に手応え。
今までは10本に1ターンあるかどうかだったのだ、1本中に何ターンかは感じられるようになってきた。

板の走りは今までと桁違い。

ここ立山室堂はまだまだ滑走可能。
上に行けばコブラインも余裕で作れそう。

DSC_0120_201507262024408ba.jpg


今日はテレマークの最中ちょっと散歩。
すると去年まで居た槍ヶ岳の勇姿が・・・。
さすがに鋭い。

DSC_0135.jpg

DSC_0133.jpg


昨年も色々あったなぁ・・・(笑)

スポンサーサイト



オオイワスポーツ
昨日は東京。

かぐらスキースクールのオーナー、別名「スキー業界のドン」こと大岩社長と面談。

DSC_0110_20150723164659644.jpg


来季は更に一新されるスキースクールになりそう。
自分にかかる役割も大きくなってくる。

が、自分がやるべきことはただ一つ。

「速く、強く、美しいスキーを極める」

その為だけに今、生きている。

というかそれが楽しい生き方なのかも。

それにしても「下」は暑すぎる!!!

子供たちからのアンコール

昨日まで3連休。
日本国中どこに行っても猛暑だろうが、ここではスキー三昧(笑)。

雪も柔らかくなってボコってはいるものの、存分に大回りの練習ができるようになった。

ギャラリーも多いけど、この日は子供たちに超ウケ。

「アンコール!アンコール!」の合唱。

動画を御覧ください(笑)





Jrレーシングチーム

いつものように休憩時間にコブ斜面に向かうと・・・

Jrチームがポールを立ててスラロームやっている!

DSC_0103.jpg

DSC_0104.jpg



こんなボッコボコの斜面でよくやるなぁ、と思ったけど俺も同じだ(笑)。

この日はボッコボコのカッチカチ。
雨も降ってきて止む無く撤退。

今、新たな感覚が生まれつつある。

S字のつなぎ。
フラットにした時の板の走り。

柏木義之の動画を見続けていたらイメージできるようになった(もちろん、テレマークでの話です)

早く整地で試したい!

来年はニュージーランドがいいかな・・・(笑)

サマースキー 立山室堂テレマーク動画
今日も休み。

努力の甲斐あってやっとコブライン完成。
ある意味、昨年の槍ヶ岳よりも充実したサマースキーとなっている。

コブは同僚のスタッフに撮影してもらった。
ちなみに彼は五竜のリフト係をやっているフリーライダー。

さすがにこのコンディションで大回りは厳しい・・・(笑)
コブはもっとスピードが必要かな。

ちなみに当然リフトは無いので全てスキー担いでハイクアップです。



全開!サマーテレマーク

休みの日はテレマーク。

DSC_0100 tateyama telw


バーンはボッコボコだけど大回りだってコブだって楽しめる。

「コブの中でスキーを走らせる」

アルペンでは出来ていた感覚。
テレマークでは月山でも到達出来なかった感覚が今日生まれた。

さすが立山室堂。
ギャラリーは多数。
見ていたスウェーデン人はわざわざ雪の中まで来て俺と握手(笑)

雪はまだまだある。

これから上手くなるのは俺次第!

写真のバックは名峰中の名峰・剣岳。


DSC_00edfe96.jpg

こちらは3年前にバイトしていた薬師岳方面。

DSC_0fefwehjh097.jpg


続・立山アルペンルート
やっと天気も安定してきた。

休憩で走る回数も多くなってきた。

弥陀ヶ原までのアルペンルートはマジで最高!

DSC_0088.jpg


富山へと延々続く舗装。
誰も居ない解放感。
そして2500mの高所ならではのスケール感。

DSC_0086.jpg


お得すぎる!!!

DSC_0093.jpg

剣岳と俺。
やはり剣は他の山には無いオーラがある。

DSC_0094.jpg

勤務先のホテル立山と立山の最高峰・雄山。
Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.