FC2ブログ
BACK TO THE TELEMARK SKI
10年の空白を経て37歳にしてカムバックしたテレマークスキーヤーの日記風ブログ 
丸沼高原スキー場 まだ居たの?
丸沼高原スキー場 まだ居たの?

死ぬかと思われた丸沼の雪もまたもや、季節外れの降雪で復活。
「二日以上の車中泊厳禁」と看板がある駐車場でもう20日位か…。
そろそろ営業再開したアサマに移るかな。
アルペンスキーの練習がテレマークに更なる進化をもたらしてくれた。
ベストポジションだと思っていた外足の位置を修正。
コンパクトで圧もかけやすい。キレとスピードが一段と上がった?と思う。
朝イチの丸沼ではかなりの迫力でぶっ飛んでます。
アサマはもうちょっと硬いだろうからアサマの皆さんにも見せて上げたい。

そして夏のバイトが変更に。
南アルプス市の臨時職員として北岳山荘のスタッフに!
所詮はバイトですが。
来年は通年雇用もあるらしく、夏は山小屋、冬はスキーというライフスタイルが完成なのか?
というわけで山に入るのが七月と延びたのでしばらくはスキー三昧。
北ア、妙高、尾瀬そして月山。スキー場が閉まってもツアーがある。
失業保険ももらえることになったし、金の心配もない…。

月山で苦手のコブも攻略してやる!

一週間に一回は横須賀に帰っているのだが、三月に出場したブランシュGSの写真が届いていた。
カメラマンは須藤章一さん。
テレマークが滑って来たのに驚いて身を乗り出す様にレンズ向けていたのを思い出す(笑)

つうかすごいな、太もも。。。

2013-04-25 19.50.25
スポンサーサイト



丸沼高原 最高!
丸沼高原 もう何日目だ?(笑)

ここ丸沼は先週の大雪で四月下旬とは思えんスーパーハイコンディション‼最高すぎる。

夏のバイトが正式決定!
北アルプスは槍ヶ岳3160mの眼下、殺生ヒュッテでお世話になる事に。
五月中旬には入り、10月末までの長丁場。やるしかない!

そして丸沼ではまたもや珍事件。
気持ち良く滑っているとカメラマン風の男が声をかけて来て、俺のテレマークがすごいから斜面で写真を撮っていたそうだ。
どうやら丸沼のスタッフで俺の写真をフェイスブック等で使いたいとの事。
リフトで色々話しをしていると俺が勤務していたロストアローの仕事にも関わりのある人だと分かり、何か世の中狭いなぁと実感。

土・日曜は丸沼の試乗会に参加。勿論アルペン。
最近発見した事だがNTNのテレマークブーツは何とアルペンビンディングにも装着できる‼
あ、いや安全は保証しませんが。
試乗会は数十本のアルペンにテレマークブーツで乗り回した。
勿論試乗会スタッフは目を白黒させていたのだが…。
アトミックが駄目になってしまった以上別のデモ板が必要。
フォルクルのプラチナムSW 165が1番候補。
ただテレマークビンディングが付くのか全く分からん(笑)

アルペンやってると外足への力がテレマークと全く違う事に気付く。
テレマークがアルペンに近づくにはどうしたらいいか、どうにかヒントがありそうだ。

2013-04-24 13.05.28-1


丸沼高原スキー場facebookにアップされた俺の写真・・・

群馬 丸沼高原スキー場
群馬 丸沼高原スキー場

ここに来てもう5日目。
気持ち良く大回りしていたら、突然転倒。あれっ?
目の前には流れて行く俺のスキー板が。

おいおい、ビンディングがぶっこ抜けてるよ(笑)

左足にはビンディングと流れ止めがついたまま。
板だけが飛んで行ってしまったのだ。
コース下部で板を発見。改良した12点止めNTNが粉砕、全部ネジが抜けてやがる。
アトミックのプレートにテレマークのビンディング付けるのは危険。
技術コンテストの時に外れなくて良かったぁ!

そしてヤフオクで見つけた3ピン止めのテレブルドッグ。
これは面白い!軽いし、装着は楽だし、スキーブレーキ付きだから流れ止め必要なし。

そこそこ滑れるし、ツアーには最適だ。

更に。夏のバイトが遂に決定か。
北アルプスの山小屋、殺生ヒュッテ。
五月半ばから十月末まで。去年の薬師とは違って水もあるし、携帯も繋がる。
決まれば絶好の環境。先も見えて来る。

※殺生ヒュッテは健康保険未加入の問題がクリア出来ずお流れ・・・結局2014年にお世話になる事に。

2013-04-15 13.22.48
2013-04-15 13.23.22


テレマーク技術コンテスト 5位入賞
志賀高原 クラシックレース 技術コンテストリザルト

4月6,7日に開催されたレースと技術コンテストに出場。
いつもながら開催時期が遅すぎる気がする。
土曜日は爆弾低気圧の通過でリフトは運休。しかしレースは強行開催。
なんとスタート台まで徒歩で向かうことに。アップ無しでいきなり1本目。
クラシックは嫌いだ。スケーティングが下手糞すぎるので。
案の定、下部のヘリコ(360°回るところ)4連発でタイムロス。
結果は5位でした。何というかあまり気合が入らなかったのでこんなもんか。
つうかエントリーは6人のみ。どうした?さびしすぎるぞ、日本のテレマークレース!。
クラシックということで敬遠している人が多いと思われ、GSやSP種目を多くやってくれればいいと思いますよ、TAJさん。

レースの後に本命の技術コンテストの小回りと大回りが行われた。
これも徒歩でスタート台へ。
アップ無しで小回り開始。
緊張からか、アップしてないからか足が動かない。
最近の小回りには自信があったのだけど、思い通りの小回りが出来ない。
そして焦ってスキーが引っかかる致命的ミスを犯してしまう。
この小回り種目は14位。大きく出遅れてしまった。
次の大回りは種目別2位。でももっといい滑りが出来たはず。

翌日の日曜日は天気回復。リフトも動く。
総合滑降(種目別5位)、不整地小回り(6位)と続いて最後の種目、ジャンプ。
すでに優勝はない。入賞できるかどうかも微妙。
自分の順番を待っていると一人の選手が話しかけてきた。

「貴方が大会一番の滑りです」

俺はこの一言が今大会の成績よりも価値があった。
昨日のレース結果、小回りでのミス。落ち込んで、モチベーションが怪しかった。
この一言で今までの思いが詰まり、泣きそうになる。

俺はテレマークをやってきて良かった。。。

慶応を卒業して、この年でこんなことに専念している自分に葛藤が無いと言えば嘘になる。
後輩も先輩も一流企業、弁護士、医者・・・。周りは結婚して子供も抱えている。

俺は・・・。

やっぱりテレマークだ。こんな俺のスキーが一人でも感動させられるなら俺はやる。

最後の種目、ジャンプに向かう。もう緊張感は無い。
この種目を7位で終えた。この種目で上位を狙うのは難しい。

最終成績は5位。昨年は14位。
だからジャンプアップと言っていいが、俺は満足できない。
全般的に練習どおりの滑りが出来ていたとは言えない。
気持ちが高ぶり過ぎていた。メンタルの準備が出来ていなかった。
技術的にもまだまだだ。アルペンスキーにも手を出さずばなるまい。

もっともっと・・・。GWまでは滑るぞー!。

最後に。
昨年出会った人はエントリーしてなかった。
実はそれが楽しみだったんだけどなー(笑)

とりあえず夏の仕事見つけなくちゃ。。。

2013-04-09 16.43.51

テレマークスキー技術コンテスト 2012-13




赤備えと六文銭
戸隠スキー場

戸隠…。

社会人山岳会のベルニナに所属していた時に正月山行で戸隠本院岳ダイレクトというアルパインルートをやった。
あの時のリーダーは谷川の滝沢第三スラブで墜落死。
そんな思い出が蘇る。

戸隠の急斜面がすごいと聞いていたので機会があればと狙っていたけど、あまり大した事なかったな。
これから戸隠神社へ必勝祈願だ。
明日は大会会場の志賀高原で公式練習。
またたくさんの出会いを期待して…。

昨日真田神社で買った六文銭シール。
ちなみに真田家家紋の六文銭は死後の三途の川の渡し賃。
つまり死を覚悟して戦いに臨むという真田武士の心意気を表しているそうだ。
そして真田と言えば赤備え!
赤の兜に鎧を揃えた真田幸村軍団。徳川家康を向こうに三度も立ち向かった孤高のスピリットが好きだ。
赤備えに倣って、俺の赤ヘルに六文銭装着。

気合い入ったぜ。

522405_161461634013520_1272936069_n.jpg



居候生活が終了
今日で4ヶ月に及ぶ居候生活が終了。

色々ありすぎて書き切れんけど、最高の男仲間達のおかげで乗り切った。
年齢も地域も違う男5人があれ程結束するって・・・。
ともかく居候部屋に関してだけは毎日が楽しかったなぁ。
そしていよいよ今週末の大会へ。 最初で最後のテレマーク大会。

もっと開催回数を増やせないんですかね、TAJさん。。。

明日は上田城や川中島古戦場などを巡りリフレッシュ。
最近はアルペンとの差を埋めるべく、アルペンでの練習が増えてきた。
といってもテレマークでアルペンポジションしているだけだが、これがいい刺激 になっている。
アルペンでの感覚が新しく生まれ、それがテレマークに生かされる。
まだまだアルペンには俺の知らない感覚、イメージ、技術が埋もれているはず。
来期の活動にもアルペンスキーは絶対に必要になってくる。
今日もアサマでひたすら練習。 まだまだ雪もたっぷり。
中断期間はあるが、アサマはGWまで営業。

そして、先週カラファテで取り付けたアトミックデモ169cmがいい感じだ。

2013-03-23 15.30.45

2013-04-08 09.07.08

2013-03-21 08.58.08

2013-04-03 15.05.36





Copyright © 2020 BACK TO THE TELEMARK SKI. all rights reserved.